本文へジャンプ
プロフィール

金井雄二(かない ゆうじ)略歴

1959
神奈川県相模原市生まれ


1981
帝京大学文学部国文学科卒業。
4月より座間市立図書館に司書として勤務。


1982

4月、派遣職員として2年間、神奈川県立図書館に勤務する。


1983

このころより現代詩を意識して書き始める。
神奈川県立図書館の職員から菅原克己の現代詩文庫をいただき、感化される。


1984

座間市立図書館にもどり、2019年3月まで勤務。

1989年
同人雑誌「浮遊」「現代詩研究88」を経て、個人詩誌「独合点」を創刊。


1993

第1詩集『動きはじめた小さな窓から』をふらんす堂より出版。


1994

「詩学」2月号、新人に推薦される。「現代詩手帖」3月号新鋭特集に、新人として作品掲載。
11月『動きはじめた小さな窓から』で第8回福田正夫賞を受賞する。


1995年
9月 同人詩誌「三太郎」創刊。同人は柿沼徹、吉秋説子と金井雄二の三人。

1997

第2詩集『外野席』をふらんす堂より出版。

12月 同人詩誌「三太郎」8号で終刊。

1998
同詩集で第30回横浜詩人会賞を受賞する。


1999

「詩学」投稿欄の合評選者を2年間勤める。

7月 同人詩誌「59」(ゴクウ)を始める。
    同人は北海道の岩木誠一郎、岐阜の伊藤芳博を含む3人。


2002

第3詩集『今、ぼくが死んだら』を思潮社から出版。


2003年
『今、ぼくが死んだら』で第12回丸山豊記念現代詩賞を受賞する。

2004年
5月 同人詩誌「59」15号で終刊。

2005
4月より神奈川新聞詩誌・詩集評欄を担当する。

2005  
淵上熊太郎、八木忠栄主催「詩人が街にやってきた」
平成17年度第3回 10月20日(木)(串川中学校への詩朗読会)に参加。

2007年
第4詩集『にぎる。』を思潮社から出版。

2009年
個人詩誌「独合点」が100号になる。創刊は1989年5月

2010年
第5詩集『ゆっくりとわたし』を思潮社から出版。
5月、「日本の詩祭2010」にて司会を担当。

2011年
3月で、神奈川新聞詩誌・詩集評欄の担当が終了。
4月19日付けの朝日新聞夕刊に詩「母さんの、ぽん」が掲載される。
5月、「日本の詩祭2011」にて昨年度に続き、司会を担当。
8月より、日本現代詩人会理事に就任(詩祭担当)。

2012年
神奈川県の中堅詩人があつまり同人詩誌「Down Beat」を創刊する。
創刊同人は、金井の他、今鹿仙、小川三郎、柴田千晶、廿楽順治、徳弘康代、中島悦子がいる。

2013年
6月、日本現代詩人会、「日本の詩祭」の実行委員長として、「詩祭」を開催。
7月、父、良博死去(八十三歳)。母タキ子老人ホームへ転居。
9月、日本現代詩人会、副理事長に就任する。

2014年
日本現代詩人会、副理事長職継続、「ホームページ委員会」「詩の普及と発展委員会」等活動。
父親死去による、相続、実家売却等忙しくなる。

2015年
5月、義理の兄(芳昭)死去。
7月、第6詩集『朝起きてぼくは』を思潮社から出版。
8月、任期満了により日本現代詩人会副理事長を退任。
   姪(愛子)死去。

2016年
4月  座間市立図書館長に就任
10月 第6詩集『朝起きてぼくは』で第23回丸山薫賞を受賞する。

2017年
4月  菅原克己追悼会「げんげ忌」で講演をする。
8月  座間市における教育講演会にて講演をする。

2018年
4月  日本現代詩人会、ホームページの詩投稿爛の選者(1年間)となる。
11月 北海道の岩木誠一郎、岐阜の伊藤芳博との同人詩誌「59」復刊する。通算16号。


2019年
2月  散文集『短編小説をひらく喜び』を港の人から出版。
3月  座間市立図書館長を定年で退職。
4月  再任用職員として座間市公民館で勤務。
    母、タキ子死去(享年八十八歳)。
   神奈川新聞文芸コンクール(現代詩)の選考委員となる。小説は角田光代氏。