ねるとん紅鯨団

『上海紅鯨団が行く』と『コムサデとんねるず』
視聴率的にやや苦しんだ二つの番組が昇天して、
スタッフが合流して誕生した奇跡の番組。

特に『コムサデ・・・』はセット費用も賄えず、
プロデューサーに叱責されました。

それからというもの、日曜日はオーディション。
週に一回、ロケーションかスタジオ収録。
週に一回、構成会議。
週に一回、台本書き
というスケジュールがずーっと続きます。

『天才たけしの元気が出るテレビ』もほぼ同じスケジュール。

それでも月に一回、特番をこなす余裕がありました。

しかしこれに『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 』が
加わった時から。

キッドの心の歯車は少しずつ、狂い出していくのでした・・・。

たけしさんで、とんねるずで、ダウンタウン、たけしさんで、
とんねるずで、ダウンタウン、たけしさんで、とんねるずで、
ダウン・・・・・・・・・。

御笑神社からの脱出