直線上に配置

Soloist 10
作品紹介

直線上に配置




soloist 10 KSS-010
収録曲目


● ご注文はSHOPページへ!CLICK here !!●

1) RED! 5) Letter to Jack 2015
2) Rainbow Stalker 6) 1008.4
3) KT88 7) BANZAI
4) Harry's Blues 8) Napoleon


今回のアルバムは「アンプを使わないで弾き、その楽器の生の音だけでアルバムを作る」という
テーマを掲げて作ったアルバムです。
本来エレキ・ベースはアンプを使って電気的に信号・音を増幅することによって音を出すことが出来る楽器です。
ですが、アンプを繋がなくともベース本体で小さな小さなボリュームですがちゃんと木製のボディーもネックもしっかり
鳴っているのです。それはアンプの音にに負けないほど力強くまた繊細なきれいな音で鳴っているのです。
その音を楽器のすぐ側にマイクを配置して録音できないだろうかと言う試行錯誤が始まりました。

電気を使わずとも、楽器自体がちゃんと鳴っているのです。
しかしそのことを知っているのはほんの僅かなエレキギター・エレキベースを弾く人・弾いたことのある人だけ
なのです。抱きかかえるようにして弾く楽器は、身体に触れている部分すべてを通じて逞しくまた繊細な音で
鳴っているそれが生き生きと伝わってくるのです。 
その音でアルバムを作るというのが10作目に相応しいアルバムとしてトライする価値のある・夢中になれる
テーマだったのです!

以下がアルバム録音時のマイクをセッティングした状態の楽器を弾いている様子です。



ブリッジにクリップ式のコンデンサーマイクをステレオで配置し、集音はその2つのマイクで
拾った音のみ。
今作の録音方式は極力シンプルに・忠実に・その「生音」のままに録音を目指したのでした。

音量の強弱はもちろん、その音色や音楽的表情などなど。
すべては己の手とベース自体だけで音楽を奏でる。
当たり前のことですが、今回挑戦してみて改めてその当たり前のことの難しさと悦びを
体現できたような充実感があります。