Adobe Flash Playerの危険性について

Adobe Flash Playerは、Webブラウザで動画を見たりする際に必要になることがあるソフトウェアです。
Flashを使っているページも数多くありますので必要不可欠的なソフトウェアです。

タイニーチャットで部屋に入れない、Start Broadcastingから進めない、などの人は
Flash Playerがインストールされてないか、最新版にしていない可能性があります。

ですがAdobe Flash Playerをある程度理解してないと危険だったりします。
導入してる方もバージョンアップする方も注意3まで読んでください。

注意 1
バージョンアップをしない人もいますが、これはとても危険です。
サポートを終了したWindowsXPを使っているのと一緒で
セキュリティーソフトを入れてるパソコンでも危ないって事になります。
(乗っ取られる可能性も)

バージョンアップのお知らせも不定期で、全員同時に発行したりはしないようです。
(最新版が1月に発表になったとします。ある人は2月に、ある人は3月に 知らせがあるのです)
なので知らせが届くまでの数ヶ月間とかはずっと危険な状態なのです。

注意 2
タイニーチャットの場合、Flash Playerのバージョンアップをすると音楽がかけれなくなってしまった人もいます。
色々考えてみたけど、未だ原因不明でもしもそうなってしまったら他のブラウザでも試してください。

もちろん他のブラウザも別々にFlash Playerのバージョンアップをしておかないと危険です。
Windows8 IE用のFlash Player
Windows7 IE用のFlash Player
Opera用のFlash Player
Mozilla Firefox用のFlash Player

お使いのブラウザのFlash Playerが最新なのかチェックするページもあります
ブラウザを複数お使いの方は ブラウザごとにチェックします。
ここではチェックするだけにしておいてください。 ダウンロートはこのページの下の方のがわかりやすいです。
ただし、Windows10のInternet Explorer 11とEdgeとGoogle Chromeこの3つのブラウザは最初からFlash Playerが組み込まれてます。
Flash Playerのパージョンアッブも自動なのでインストールしたりバージョンアップはしません。

最新版かチェックする

ですが、組み込まれているブラウザにも落とし穴があります。
Webブラウザのアップデートで最新になるのでそれをやらなければ危険になります

注意 3
Adobe Flash Player最新版のアップデートで
ダウンロート画面から進むと抱き合わせソフトがあったら絶対外してください。
↓例ですが、中央にある オプションプログラムがそうです。
Flash Playerとは無関係のソフトで下手にインストールするとパソコンが不安定になります。

Adobe Flash Player最新版のアップデートはここから

ここはお使いのOSやブラウザを選択出来るのでお勧めだと思います。
最新のFlash Playerは→ Adobe Flash PlayerここからDL出来ます
OSとブラウザを指定してからダウンロードしてください。

Adobe Flash Player が認識しないとか問題があった場合

最新版にしてるのに音声デバイスが認識しない場合などは
ブラウザに音声デバイスが認可されてない可能性があります。
一度Windowsの再起動をしてもタイニーの設定が出来ない場合は
Adobe Flash Playerの設定マネージャーをチェックしてみてください。
Windowsの場合。スタート → 設定 → コントロールパネル → Flash Player ← Wクリック
カメラとマイクタブ → サイトごとのカメラとマイクの設定

下の図のようになっているか。

その他、インストール後やバージョンアップ後Flash Playerがうまくいかない場合はここを参考にしてみてください
Adobe Flash Player説明や問題の解決方法

.

危険なので Adobe Flash Playerだけアンインストールする人もいます。
その場合普通には除去出来ませんので検索してみてください。 .