個人的に気になる男の娘もの作品のオススメをチョイスしました。
画像をクリックして頂くとサンプル画像などがある作品紹介ページに行けます。

TOPに戻る
男の娘もの商業作品
男の娘もの同人作品
★電子ブック★
DMM【ちんドル☆マスター(4)】
やっぱり過激に、ラブラブ警報発令!
さらに女装成分増強(当社比)
アニメに、コミックムービーにと、多大人気作品
「少年メイドクーロ君」の単行本第三弾!!
満を持して、ついに登場!

収録作「少年メイドの使い方」ほか「図書室ではお静かに」
「女装でドキドキ」「クーロ君と魅惑の紅」
「クーロ君の車内乱交」「クーロ君の女装で乱交」
「しゅうちぷれい」「クーロ君の女装でえっち」
「クーロ君のハズカシトレーニング」
「スク水でドキドキ」「少年ウェイトレスクーロ君」の
全11話を収録。
前回、先輩アイドルの四葉との確執が発覚した、
男の娘アイドル「ROSE-HIP」の面々に
コンサートの話が舞い込んでくる。しかも、
ファンの精液による投票で、四葉とROSE-HIPのどちらが
人気があるのか、総選挙方式で決めようというのだ。
男の娘だとバレる訳にはいかないこの状況で、
ギリギリのきわどい衣装で勝負する一ノ瀬たちROSE-HIP。
一方、余裕の四葉だったが、とある仕掛けで彼女もまた
男の娘だという事がファンにバレてしまう。
しかし、それでも四葉の魅力に惹き寄せられた男たちは、
ステージ上の四葉を押し倒し、一斉に襲いかかる!!
よってたかってアナルを犯される四葉。
そんな彼女の運命は!?
そしてROSE-HIPとの勝負の行方は!?
男の娘である事を隠して活動する、
新人アイドルユニット「ROSE-HIP」の一ノ瀬、二村、三橋。
この日はTV出演でいつもより気合が入るマネージャーの
夏木、しかし何故か様子がおかしい一ノ瀬。
心配する夏木をよそに収録に臨む三人だったが…。
実は、その股間には極太のバイブが挿入されていたのだ!?

遠隔操作されたバイブの振動で、
収録中のカメラの前で絶頂してしまう男の娘たち。そんな
彼女たちの前に、新たな男の娘アイドルが立ちふさがる!?

本番収録中にアナルを犯されまくり、
陥落寸前のROSE-HIP。果たして彼(女)たちは、
無事に収録を終える事が出来るのだろうか!?
前代未聞! 男の娘アイドルユニット「ROSE-HIP」の
エッチな芸能物語!?ようやくデビューを果たした
新人アイドルの一ノ瀬、二村、三橋の三人。
そんな彼女(彼?)たちにグラビア撮影のオファーが!
しかし撮影を担当するのは「脱がせ屋」と呼ばれる
謎の人気カメラマン・クラーキーだった!?
命わずかが送る、男の娘アイドルプロデュース物語!!とある
芸能事務所に所属する夏木君は、美人女社長の命令で
アイドルグループ「ROSE-HIP」のマネージャーをする事に。
しかし可愛らしい三人組の少女に見える彼女たちは、
おち●ち●の生えた立派な男の子だったのだ!? 

性別を隠しながらヒラヒラの可愛らしい衣装を着た
アイドル活動をやっている男の娘が抑え切れない性衝動を
お色気マネージャーのオトナま●こで処理しつつ、
相方の強気アイドル少女とも初々しくハメハメしちゃう!
最早性別などどーでも良くなって来る
エロ可愛いオトコノコの痴態が満載の1冊!!
可愛い男の娘の屹立をしゃぶり倒す
ハード描写満載のオトコノコ専門アンソロジーコミック!!
トコノコの可憐なふくらみを愛したい、
そんな貴方に捧げるエレクト必至の1冊★
いじめっ子の篤樹は女の子の様なおとなしい
「いのり」から今日もカツ上げをしていた。そこを「いのり」の
兄に見つかり家に連れて行かれ、そこで兄と
女王様キャラに変身した「いのり」から目覚めさせられ…
俺の名はクーロ。
ミースを少しでも好きになりたくて、
恋愛感情を学ぼうと少女漫画を読んでみたが、
皆目判らん。そそのかされて、ミースの
別荘に行くことになったが…。
お屋敷の次期頭首アルト。だが、剣や馬に
興味を示さず歌や編み物を好む彼の将来に
激しく危機感を感じた教育係のハンツは心を
鬼にしてハンスを女装させ…!? 純な好奇心と
覚えたての快楽に戸惑う少年達の短編集。
通学途中の『女学生』真琴に痴漢の魔の手が
忍び寄る…ッ!「だって男の子だもん」。
ショタファンに贈る、至高の一冊!
オレ、美倶(ヨシトモ)は学校では男っぽく
通しているけれど、放課後は誰も正体を
知らない少女・メグになる…。男の子と男の娘、
少年同士のやんちゃ盛り短編集。
家を継ぐ修行のために遠くの大学に行き、
姉は巫女になるのを激しく嫌がるので、
仕方なくメガネ少年みさきは巫女の格好で
日々のお勤めをすることに…。
女装趣味のちん娘シリーズ。同一主人公による
フタナリ、着ぐるみ、母乳、ショタなどの
変態的1話完結形式11話収録。
濃厚ぶっかけエロスは半端じゃない。