TOPに戻る
各リンク先はオモシューのテキスト(文章)と画像(HPに掲載されていた画像の縮小版です)が
掲載されているブログの「HPのオモシュー&らくがきコーナー更新」のページです。

第270編】【第265編】【第260編】【第255編】【第250編】【第240編】【第230編
第220編】【第210編】【第200編】【第190編】【第180編】【第170編】【第160編
第150編】【第140編】【第130編】【第120編】【第110編】【第100編】【第90編
またオモシュー人気投票はこちら
「牡丹桜のBlog」のオススメなタグ
オモシュー 少女 貧乳 ロリ ぷに 幼児 小学生 放尿 おしっこ おしっこ我慢
お漏らし おねしょ 恐怖失禁 失禁 飲尿 下着 ぱんつ おむつ スクール水着
スク水 水着 ブルマ スパッツ ふんどし コスプレ 眼鏡 風俗 風呂 調教
【▼オモシュー作品特設ページ(ブログ)▼】
オモシューの元セレクション 〜眼鏡ッ娘・コスプレ編〜 PDF版
オモシューの元セレクション 〜全裸・倶楽部おしっ娘姫編〜 PDF版
オモシューの元セレクション 〜ロリ・オムツ編〜 PDF版
オモシューの元100その2
オモシューの元100
オモシューNO.シリーズ リニューアル
オモシュー NO.05+06
オモシューてんこ盛り(NO.01〜04編)
オモシュー NO.06
オモシュー NO.05
オモシュー NO.04
オモシュー NO.03
オモシュー NO.02
オモシュー NO.01
おしっこ・おもらしのオススメ同人作品
第274編 / 題名:ママのお風呂おしっこ
いつものようにママと一緒にお風呂に入って
ママに背中を洗ってもらっていたら急に
ママがモジモジしだして様子がおかしい……
もしかしたらママは……
第273編 / 題名:亜人奴隷少女の強制我慢おしっこ
男は小さな亜人の少女を奴隷として買った…勿論目的は性奴隷として
毎日のようにその亜人の奴隷少女を肉便器として調教していた……
そして男にはある変わった性癖があり絶対服従の刻印という魔術で
亜人の奴隷少女にある事を強制した…それは亜人の奴隷少女の尿意を
魔術で自由に操作または制限したのである。男の許可が無くては
亜人の奴隷少女は、おしっこをする事が出来ない……そして今、
男の性癖を満たす為に亜人の奴隷少女は何時間も絶対服従の刻印の
魔術で無理矢理おしっこを我慢させられている最中であった……
第272編 / 題名:不思議の国のお漏らしアリス
ここは女の子(二次元のヒロイン)が裸で色々なシチュオシッコをしてくれる
仮想空間内のバーチャル風俗店(イメクラ)『倶楽部おしっ娘姫 AVR店』
指名した、おしっ娘姫は入店したばかりの新人ロリッ娘!しかも今日は
プレミアムな着衣お漏らしイベントが開催中だった……

【シチュエーション】
ここは俺が妄想した事が全て現実になる不思議の国(仮想世界)
俺は側に居た少女に尿意を催すよう妄想し、その上
俺の言葉や命令に身体が逆らえないように妄想した…
第271編 / 題名:負けず嫌いの我慢お漏らし
少女はあるプロ棋士に惚れ込み半ば押し掛けで弟子入り志願をしに来た
だがプロ棋士も〇学生の女児を弟子にとる事に抵抗があった…そこで
プロ棋士と勝負して勝ったら弟子にするという条件を出した
素人の〇学生女児との勝負というわけで、もちろんプロ棋士には
ある程度のハンディを背負っての勝負ではあるが、しかし少女には
才能が有り直ぐに勝敗がつくことはなかった……対局は数時間にも及び
少女も既に持ち時間を使い切っていたものの、あと数手で少女が勝てる
ところまで来た時に少女にあるピンチが訪れた……
第270編上に戻る
第270編 / 題名:新婚旅行で新妻初水着お漏らし
ここは女の子(二次元のヒロイン)が裸で色々なシチュオシッコをしてくれる
仮想空間内のバーチャル風俗店(イメクラ)『倶楽部おしっ娘姫 AVR店』
現在、女の子に好きな水着を着用させての水着お漏らしシチュエーションが
楽しめる水着キャンペーンが開催中でしたがいよいよキャンペーン終了間近!
トリを飾るに相応しい憧れのヒロイン(おしっ娘姫)はアスナ嬢(源氏名)!
そして駆け込みでこの水着キャンペーンを目当てに訪れた常連のお客様が…

【シチュエーション】
俺は変態的な性癖を持っていた…しかし彼女はそれでも
俺の変態的な性癖を受け入れ結婚してくれた……そして
新婚旅行のリゾート地で彼女が初めての……
第269編 / 題名:イケナイバイトは水着でわざとお漏らし?
ここは女の子(二次元のヒロイン)が色々なシチュでオシッコをしてくれる
仮想空間内のバーチャル風俗店(イメクラ)『倶楽部おしっ娘姫 AVR店』
通常は裸でのオシッコプレイがメインですが只今なんと女の子に
好きな水着を着用させての水着お漏らしシチュエーションが
楽しめる期間限定の水着キャンペーンが現在開催中!!
そしてこの水着キャンペーンを目当てに訪れた常連のお客様が…

【シチュエーション】
楽にお金を稼ぐ方法は無いかなぁ〜と親友に言ったのが事の始まりだった
親友もやっているという、とあるアルバイトの話を聞かされた……
何でも男の人におしっこをしている姿を見せるだけという…確かに
楽ではあるが死ぬほど恥ずい……女としてそんな事をするのは
どうかと思ったが今月はかなり金銭的にピンチだった為に渋々
親友にそのアルバイトを紹介してもらうことにした……
顔から火が出る程恥ずい思いはしたものの思った以上に
楽でかなりの高収入であることは確かだ…それからも私は……
第268編 / 題名:ペットな妹系後輩の水着お漏らし
ここは女の子(二次元のヒロイン)が色々なシチュでオシッコをしてくれる
仮想空間内のバーチャル風俗店(イメクラ)『倶楽部おしっ娘姫 AVR店』
通常は裸でのオシッコプレイがメインですが只今なんと女の子に
好きな水着を着用させての水着お漏らしシチュエーションが
楽しめる期間限定の水着キャンペーンが現在開催中!!
そしてこの水着キャンペーンを目当てに訪れた常連のお客様が…

【シチュエーション】
彼女はクラスでもアイドル的な存在でオレにとっては
ただの妹のような後輩…そんな彼女から突然告白された
しかしオレには既に恋人が居る…それでも引き下がらない
彼女は恋人でなくてもいいから付き合いたいと迫ってきた
そこでオレは……
第267編 / 題名:エルフに嫌な顔をされながら水着お漏らし
ここは女の子(二次元のヒロイン)が色々なシチュでオシッコをしてくれる
仮想空間内のバーチャル風俗店(イメクラ)『倶楽部おしっ娘姫 AVR店』
通常は裸でのオシッコプレイがメインですが只今なんと女の子に
好きな水着を着用させての水着お漏らしシチュエーションが
楽しめる期間限定の水着キャンペーンが現在開催中!!
そしてこの水着キャンペーンを目当てに訪れた常連のお客様が…

【シチュエーション】
オレはエルフの村を襲った…しかし今はまだ誰一人殺してはいない
一人の女のエルフを除いてエルフ全員に死の呪いは掛けてはいるが…
死の呪いは掛けられたら最後死を待つのみ…しかしオレはその呪いを
解くことが出来る…村のエルフ全員を人質にオレは気高い女エルフに
恥辱ともいえるある事を強要した……
第266編 / 題名:娘におねだり?旧スク水お漏らし
ここは女の子(二次元のヒロイン)が色々なシチュでオシッコをしてくれる
仮想空間内のバーチャル風俗店(イメクラ)『倶楽部おしっ娘姫 AVR店』
通常は裸でのオシッコプレイがメインですが只今なんと女の子に
好きな水着を着用させての水着お漏らしシチュエーションが
楽しめる期間限定の水着キャンペーンが現在開催中!!
そしてこの水着キャンペーンを目当てに訪れた常連のお客様が…

【シチュエーション】
オレには優しくて可愛い一人娘がいる…しかし溺愛するあまり
オレはその自分の娘を性の対象として見てしまい欲情して
しまっていたのだった…そのことに悩んでいると娘が優しく
オレを励ましてくれた…オレは娘の優しさに付け込み…
第265編上に戻る
第265編 / 題名:妹のスク水お漏らし撮影
ここは女の子(二次元のヒロイン)が色々なシチュでオシッコをしてくれる
仮想空間内のバーチャル風俗店(イメクラ)『倶楽部おしっ娘姫 AVR店』
通常は裸でのオシッコプレイがメインですが只今なんと女の子に
好きな水着を着用させての水着お漏らしシチュエーションが
楽しめる期間限定の水着キャンペーンが現在開催中!!
そしてこの水着キャンペーンを目当てに訪れた常連のお客様が…

【シチュエーション】
オレには妹が居る…オレと妹とは世間一般的には許されない関係で
しかもオレには特殊な性癖を持っていてそれでも妹はそんなオレを
受け入れてくれた…そして今日もまた妹と……
第264編 / 題名:気弱な眼鏡ッ娘のスパッツ失禁事故
少女は気が弱く運動するより家で本を読んでいる方が
好きな内向的な性格なのだが同じ年頃の女子…だけでなく
男子よりも背が高く運動神経もそこそこ良い為
女子バスケット部の顧問から強引に入部させられ
いきなりバスケの試合に出ることに……
第263編 / 題名:迷子の異国金髪少女のお漏らし
金髪の少女は異国の地で両親とはぐれてしまい迷子になっていた
誰かに助けを求めるも少女が言葉も通じない異国の人間と知ると
関わり遭いたくないとばかりそそくさと逃げ去る者ばかりであった
しかし異国の言葉も喋れる ある男が少女に近づき助けてくれると
言ってきたのだが……
第262編 / 題名:Re:回避不能なお漏らし100回
少女は人生の分岐点に戻ってやり直しが出来るという便利な特殊能力を持っていた
この特殊能力により少女は何度も命の危険や災厄などを回避してきた…しかし今回
起きた少女の危機は何度分岐点に戻ってやり直しても回避することが出来なかった
その回避することの出来ない乙女のピンチとはいったい………
第261編 / 題名:無表情で事務的に淡々とながらお漏らし
ここは魔法で、どんな欲望(性欲)でも快楽で満たしてくれる夜のテーマパーク
来場が許されている観客は国の権力者や大企業の重役などのVIP会員のみ……
このテーマパークのキャストである一人の少女は元軍人で責任感が強く生真面目
そのせいか客に汚い手で触るなと言い銃口を向けたりと迷惑をかける始末
とても風俗嬢のようなこの仕事には全然向いていなかった……それでも責任感が
強い少女はキャストとして雇われた以上辞める訳にはいかないと懇願する……
そこでテーマパークの支配人が考え少女に与えた仕事とは…………
第260編上に戻る
第260編 / 題名:流され少女のお漏らし水着撮影会
ゲーム制作部の部員である少女は部長からヒロインの絵のモデルを頼まれた。
断ってもどうせ、しつこく付きまとわれたりするので渋々承諾した…そしたら
部長の家に連れて来させられ水着に着替えさせられ何故か撮影会が始まった。
すごく恥かしかったけど断ったら何を言われるか分からないし、なにより
面倒なので言う通りポーズをとって早く撮影を終わらせるのが手っ取り早い
…と思ったのだが撮影会は思った以上に時間が掛かり中々終わる気配が無い
しかも長時間水着でいた為お腹が冷えおトイレに行きたくなったのだが…
第259編 / 題名:狂気!眼鏡ッ娘後輩の告白ブルマお漏らし
少女は先輩の事が大好きだった…いつも先輩の事を見ていて大好きな
先輩のことは何でも知りたがり時に大胆な行動をとる事もあったりした
少女は意を決し大好きな先輩に告白する為、先輩の好みの衣装を用意し
出来るかぎり、おしっこを我慢して先輩のもとに向かった……
第258編 / 題名:英雄の褒美はメイドおしっこ?
ある村に突如魔物が現れ村人を襲いだした…その場に
たまたま居合わせた旅の男がそのモンスターを退治し村を救った…
村の領主が村を救った旅の男に感謝し褒美を出すと言ってきた
そして旅の男…もとい村を救った英雄が望んだ褒美は……
第257編 / 題名:変態露出痴女妖精(牝)の全裸放尿
ほとんどの人間には妖精が見えない……それをいいことに
ある妖精の少女は人間の……特に雄の目の前で大胆な行為
………もとい変態的なイタズラをする趣味があるのだが…
第256編 / 題名:心配性なオシッコ妹
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第255編上に戻る
第255編 / 題名:オシッコ人形な妹
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第254編 / 題名:妹がオシッコで小遣い援助
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第253編 / 題名:妹の罵倒オシッコ
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第252編 / 題名:ちょろい兄に妹がおねだりオシッコ
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第251編 / 題名:お礼は妹オシッコ
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第250編上に戻る
第250編 / 題名:ツンデレ妹の勘違いしないでオシッコ!!
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第249編 / 題名:私のオシッコで元気になって下さい。
少女の兄はカッコよく何でも出来て頼れる立派な兄である
しかし唯一残念なのは可愛いくて小さな女の子のオシッコに
興奮する変態さんなのであった…これは、そんな変態な
兄の事が大好きな妹のオシッコエピソードです。
第248編 / 題名:レッツ・ラ・おしっこ!こんなの死ぬ程恥ずかしいです!
気が弱く友達もほとんど居ない少女はお菓子を作るのが大好きで
パティシエになるこが夢のそんな女の子であった……ある日
少女の数少ないお友達がスイーツショップをやっていて
どうしても店を手伝って欲しいと頼まれ手伝うことにした少女は
大好きなお菓子をいっぱい作れると楽しみにしていたのだが…
第247編 / 題名:レッツ・ラ・お漏らし!キラキラのおしっこはいかが?
ここは、とある町に密かに店を構えているスイーツショップである。
ここのお店は行列が出来るほどスイーツが凄くおいしい訳でも
高級な食材を使っている訳でもないのにメニューの品はどれも
驚くほど高額……それでも客は引切り無し訪れる……その訳は…
第246編 / 題名:罵倒スク水お漏らし
プールの授業中ある男子が衝撃的なモノを目撃してしまった
それは女子が堂々とお漏らしをしている姿であった…じっと
その女子を見ていると突然その女子から声を掛けられて……
第245編 / 題名:アイドルブルマお漏らしで放送事故!?
彼女は最近デビューした新人アイドルで今、アイドル達による
マラソン大会の仕事で彼女は走っていた…彼女は運動が苦手で
走るのは得意では無いのだが彼女はデビューしたばかりの
新人アイドルの為、仕事の選り好みなど出来るワケが無い…
そんな彼女に早速ピンチが訪れた…
第244編 / 題名:みらいの魔法!?ちっちゃくなってお漏らし!?
彼女はある医療施設で治験バイトをしていた……
外出、外部との連絡以外基本的になにをしていても自由
食事、洗濯、風呂……諸々すべて施設が用意してくれ
必要なものはなんでも取り寄せてくれる、まさに快適な
ニート生活をしている…ただし30才過ぎの彼女が薬を飲んで
容姿が子供に戻ってしまったという以外問題は無い……
第243編 / 題名:オションヒロイン水泳部部長の尿難
彼女は多くの生徒達から慕われる優秀な生徒会のメンバー
しかしそんな彼女には、ある悩みがあった…それは頻繁に
おしっこに行きたくなってしまうこと……さらに彼女は
水泳部に所属し泳いでいるせいか、お腹がよく冷えてしまい
ますますトイレに行く頻度は増しているのだが最近
水泳部の部長になり後輩の前で頻繁にトイレに行くと
部長として示しがつかない(恥ずかしい)からと出来るだけ
おしっこを我慢しているのだが…………
第242編 / 題名:水着お漏らし強要
少女がある日プールに行った時におしっこが
我慢出来ずに水着を着たまま漏らしてしまった
…それ以来、あのお漏らしの背徳感と水着だから
濡れても構わないという安心感が忘れられず頻繁に
水着を着たままでのお漏らしをするように
なってしまった………しかし、その水着お漏らしの
現場をある男に盗撮されてしまい………それから……
第241編 / 題名:黒い魔法少女とおしっこ遊戯
牢には一糸纏わぬ褐色の少女が閉じ込められていた
その少女は幾つもの国を滅ぼした魔女であった。
男は今日初めてその魔女の牢の番をすることになった
魔女は人の欲望を見る能力を持ち男の色欲を垣間見た
魔女は男の目の前でおしっこをし始めた………
第240編上に戻る
第240編 / 題名:メイドの発情犬耳娘のマーキングお漏らし
メイドの犬耳娘が仕事中、誰もいない旦那様の部屋の机の角にお股を押し付けだした…
このメイドの犬耳娘は発情期で、しかもいつもなら発情している彼女を鎮めてくれている
旦那様は仕事で一週間も留守にしている為、旦那様の部屋で旦那様の雄の匂いを
嗅いだだけで性欲が抑えられなくなりオナニーを始めてしまっていたのだが…
第239編 / 題名:トイレで鉢合わせした妹がお漏らし!?
少女は脱衣所で服を脱いで裸になった時に急におしっこがしたくなってしまった。
第238編 / 題名:気高く誇り高いエルフの我慢おしっこ
気高く誇り高いエルフの女騎士は盗賊の男達に捕らえられてしまった。
エルフは裸にされ手足を鎖で繋がれてしまい身動きが出来ないように
されてしまっていた、だがそんなエルフに盗賊は何もしてはこなかった
……盗賊の狙いは気高く誇り高いそんなエルフに……
第237編 / 題名:妖精のおしっこは神秘の聖水?
妖精は魔物から助けてくれた命の恩人の男にどうしてもお礼がしたいと言ってきた
そして命の恩人のその男は妖精のおしっこが欲しいと要求したのであった…
第236編 / 題名:不憫で残念な後輩の裸エプロン放尿
少女には好きな先輩がいた…しかし先輩には現在彼女がいる。
それでも先輩のことを諦めることが出来ず、どうにか先輩の気を引こうと
色々とやってみるも先輩は少女のことをただの後輩としてしか見てくれなかった…

そんな不憫な少女を見かねて親友達が先輩に関して色々と調べてくれたところ
噂では先輩は裸エプロンが大好きな事と女の子のおしっこ姿に興味がある
変態だという情報を手に入れてくれた…それを聞いた少女はとんでもない事を
やろうと企んでいた………
第235編 / 題名:伝説の剣とお漏らしと…
武器屋の少女は、ある日仲間(少女が想いを寄せている男の子)が欲しがっていた
伝説の剣をある男が持っているという情報を手に入れ少女は伝説の剣をなんとか
譲ってもらえないか持ち主に交渉しに行ったのだが……
第234編 / 題名:ラブラブ幼妻のおしっこ鑑賞
彼女はまだ結婚したばかりの若い幼妻である。
新婚ということもあり毎日のように性交を夫から求められていた
しかも変態的なプレイばかり……彼女はいつも拒むが夫に
頼み込まれると、どうしても断ることができず渋々、毎日
夫のいいなりに変態プレイを受け入れている彼女であった……

そんなある日、毎日のように一緒にお風呂に入っていると
夫がまた、とんでもないことを彼女に要求してきた……
第233編 / 題名:私のお漏らし How much?
少女は、とにかくお金が大好きである。その上少女のモットーは
いかに楽してお金を儲けるか……である。
【男】「見たい…いくらでもお金が掛かってもいいから見たいなぁ〜
    一度でいいから生で女の子のお漏らししている姿が見てみたい」
【里香】「それ本当なの?お漏らし見せてあげたら、お金出すって?」
第232編 / 題名:姪の、いいなりおしっこ
感情の起伏が少ない姉の娘が毎日のように遊びに来るのだが
正直うっとうしい…だが姉には色々金銭的に助けられているので
姪を無碍に扱うことが出来ない…だから姪に嫌われれば
遊びに来なくなると考えた俺は姪におしっこをしている所を
見せ欲しいと頼むのだが…………………………………………
第231編 / 題名:魔法少女おもらしぱんつ
巷では人々を襲う魔物が多く出没していた……だが最近
その魔物を退治している魔法少女がいるというらしいのだ…
なんでも魔物に襲われている人々をコスプレのような衣装に身を
包んだある少女が人ならざる力で助けてくれたと幾つも証言があり
そして退治した魔物の横に、おしっこを漏らしてしまったかのような
濡れた女の子のぱんつが脱ぎ捨てられていることから、その少女は
“魔法少女おもらしぱんつ”と密かに呼ばれていた…
第230編上に戻る
第230編 / 題名:妹が顔の間近でおしっこをしてきた件
ちょとギャル系で小生意気な褐色肌の妹の「クロ」はとにかく
俺を困らせる事を生き甲斐としているようなヤツだった……
この歳になって妹と毎日のように一緒にお風呂に入る
(俺が風呂に入っていると妹が勝手に入ってくる)のも
俺を困らせる一環なのだ…そして今日も一緒にお風呂に
入っていると妹はまた、とんでもない事を言い出してきた
「私のおしっこしている所見せてあげようか?」
第229編 / 題名:オシオキの強制飲尿
男は海の家の女子トイレで盗撮をしていた、しかし
トイレに入ってきた金髪の女の子に盗撮がバレてあっさり
捕まり正義の鉄槌(グーパンチ)で男は気を失うことに……
そして男が気が付くと首から下が砂に埋まっていて目の前には
先ほどの金髪の女の子がイタズラっぽい笑顔で男を見つめていた
「女子トイレを盗撮したオジサンにはオシオキが必要デ〜ス!!」
第228編 / 題名:牝犬野外放尿
姉に無理矢理、牝犬の面倒を押し付けられオレは
嫌々、毎日散歩をさせられるだが、この牝犬は
躾がなってなく外で勝手におしっこをしやがる…
第226編 / 題名:マリアのオムツお漏らし
第227編 / 題名:仕返しのアリスオムツ交換
マニアロイド(からくり人形(アンドロイド))のマリアさんが突然おしっこの制御が
出来なくなり自分の意思とは関係なく、おしっこを漏らしてしまうマリアさんは
仕方なくオムツを穿くことになるのだが…………
第225編 / 題名:ぱっちゃり幼妻の言いなりラブラブ放尿
彼女は子供っぽく多少ぱっちゃりなおデブちゃんで新妻さん
そんな彼女の旦那様は20歳も年上の紳士で渋いオジサマしかし
実は、その旦那様は女の子のおしっこが大好きな変態さん
でも彼女は旦那様にベタボレで旦那様におしっこを頼まれたら
断ることが出来ない言いなりな新妻さん……そして今日も
旦那様と一緒にお風呂。もちろんお風呂で彼女は旦那様に……
第224編 / 題名:お出迎えお漏らし
オレが家に帰ると玄関で少女が少々辛そうな表情を浮かべ
オレの事を出迎えけくれた……少女はオレが帰ってくるまで
かなりおしっこを我慢していたらしく、オレの前でスカートを
たくし上げ、その可愛らしいお子様ぱんつの股間部分から
徐々に染みが広がっていき少女はおしっこを漏らしていた……
第223編 / 題名:おねしょ妹
「………………えっ……やだっ……ウソ!!………………どうしよう
……この歳になって……し……しちゃうなんて……うううっ」
第222編 / 題名:霊感少女の恐怖失禁
最近、木造の旧校舎で夜中にオバケが出るという噂が流れていた…
少年は幼馴染の少女を連れて噂のオバケを探しに行くことに………
夜中の旧校舎に行くも少年はオバケを見つけることが出来なかったが
だが少年はオバケではない別の衝撃的なモノを目撃することに……
第221編 / 題名:触手アナル挿入失禁
少女は帰路の途中、突如出現した魔物の触手に手足を拘束されてしまう
触手は少女の股を開かせショーツを剥ぎ取り下半身を露出させた………
露になった下半身に触手は粘液を分泌させながら迫って来た……………
第220編上に戻る
第220編 / 題名:浜辺でおしっこ強要
友達と海に遊びに来ていた少女はおしっこがしたくなりトイレを探していた、
だが女子トイレは、どこに行っても長蛇の列……もうおしっこが我慢出来ない
少女は、なんとかおしっこが出来るそうな場所を探した。
すると人がまったく居ない浜辺を見つけ、おしっこを我慢出来ないでいた
少女は、すぐに、その場でおしっこをしようとするのだが…………
第219編 / 題名:読者モデルの陰湿放尿
少女はカリスマ的人気のある読者モデルであった…
しかし、その地位を築く為、かなり陰湿で汚い手を使っていた…
今回、少女はモデル事務所の社長が女の子のおしっこが大好きな
ド変態だという情報を手に入れ、ある計画を企てることに…
第218編 / 題名:おしっこを我慢し続け闘う変身ヒロイン
少女は若干頻尿気味なことを除けばどこにでもいる普通の女の子。しかし
少女には秘密があった…それは、おしっこを我慢し続けることで超人的な
身体能力を発揮できる残念な特殊能力を持った変身ヒロインなのであった。
第217編 / 題名:札遊戯敗者への放尿強要
少女はキモイ中年のオタクの目の前で放尿をすることを強要されていた。
しかし少女には拒否をすることは出来なかった…何故なら少女は
とあるカードゲームで、このキモオタに敗北したのだから………
第216編 / 題名:最悪の野外お漏らし
少女は学校の遠足で、ある山にやってきた。
そして山頂まで登りようやく自由時間となった時
少女は急におしっこがしたくなりトイレを探す事に…
しかし、なかなかトイレが見つからず、少女はもう
おしっこが我慢出来なくなり、しかたなくその場で
おしっこをしようとしたのだが………
第215編 / 題名:魔法少女と空飛ぶお漏らし
ある日突然、言葉を喋るファンシーで不思議な生き物に「魔法少女になって」と
頼まれ魔法少女になった少女は初めに箒のような魔法アイテムを渡され空を飛ぶ
練習をすることに、箒のような魔法アイテムに跨り空を飛ぶことになるのだが………
第214編 / 題名:おねしょ
その夜、女の子は眠ることが出来ないでいた…何故なら寝る前に
怖いTV番組を見ていたせいで怖くて眠れないのだ…そして怖くて
一人でトイレに行くことが出来なく、おしっこを我慢していた……
第213編 / 題名:小悪魔な悪戯おしっこ
俺と一緒にお風呂に入っていた女の子は
突然おしっこがしたいと言い出した…
その女の子は湯船でおしっこをしてしまう常習犯
だから急いで俺は女の子を湯船から出したのだが…
第212編 / 題名:触手姦快楽失禁
少女はモンスターとの戦闘中、モンスターの触手に捕らわれ
身動きが取れず抗う事が出来ない状況に陥ってしまった……
モンスターが少女を捕らえたのは食う為でも殺す為でもない…
少女を拘束している触手とは別の触手が女性器やアナルに
無理矢理捻じ込まれた……そう…モンスターの目的は
少女の体内に子種を植え付け繁殖する為であった………
第211編 / 題名:ドキドキッ!!委員長の我慢お漏らし!!
ある日クラス委員長である少女は一人でクラス委員の仕事をしていた
忙しさのあまりオシッコを我慢していたが、さすがに我慢出来なくなり
トイレに行こうとした時、いままで好意を寄せていた意中の男子が突然
クラス委員の仕事を手伝うことに……その意中の男子の前でトイレに行きたい
など恥かしくて言えるワケもなく委員長は、さらにオシッコを我慢する羽目に…
第210編上に戻る
第210編 / 題名:愛人形(アイドル)の失禁
少女は、とても可愛らしく年齢よりも幼い顔立ちで
フリルやレースをあしらった衣装がとても似合う
今、世間を賑わす注目のトップアイドルであった。
そんな彼女がある日、見知らぬ部屋で目を覚ますと
衣服を纏わぬ姿で両手、両足を拘束されていた。
そんな彼女の前には黒いスーツの男が立っていた……
第209編 / 題名:ツンデレ縞パン娘の嫌だけど仕方ないお漏らし
俺は三度の飯より女の子のお漏らしが大好きだ!!!
そんな俺の変態的な性癖のことを何かと口うるさい
幼馴染の女子が何処かから噂を聞き説教をしにやって来た
…………………しかし何故か、その幼馴染の女子の
お漏らしを見せてもらえるチャンスが来るとは…
第208編 / 題名:巫女さんのお漏らし生放送
それは正月の忙しい神社での出来事だった
おしっこを我慢していた巫女さんが
生中継のテレビカメラの前で………
第207編 / 題名:レースクイーンの祝放尿杯
レースクイーンである、その女性は、モデル並にスタイルも良く、
何より巨乳であった…だからこそ人気もあり、引切り無しに
カメラ小僧達から写真を撮られるまくられるほどだった……
彼女が所属しているレースチームのドライバーも実は
レースクイーンである彼女の大ファンであった…そのドライバーが
彼女にとんでもない約束を持ち掛けてきた…それは……
『レースで、もし優勝したら、ボクに貴女のおしっこをかけて下さい…』
第206編 / 題名:アイドルの絶望恐怖失禁
アイドルの少女はある日突然拉致されて監禁されてしまう…
そこで待ち受けていたのは裸のキモイ男達……そして
逃げることも出来ない自由を奪われたアイドルの少女に
これから男達にどのような事をされるかを聞かされる
アイドルの少女は恐怖のあまりに失禁を…
第205編 / 題名:噂の学園全裸放尿ジンクス
少女は噂話や占い、オカルトが大好きな何処にでもいる普通の女の子である
その少女が通っている学園にはある奇妙な噂が流れていた…その噂とは
『学園内のトイレ以外の場所で裸になって異性の前でおしっこをすると
 どんな願い事でも一つだけ叶えることが出来る』…というものであった
第204編 / 題名:露出放尿少女
とある田舎に住んでいる少女は女の子の友達よりも、男の子と
一緒になって外で遊ぶ方が好きだという元気で活発な少女であった。
その少女にあるマイブームが訪れた…それはお外で素っ裸になること…
しかも、その上、素っ裸で男の子のように立っておしっこをすることだった。
第203編 / 題名:性教育中の我慢放尿
女教師は朝からおしっこを我慢していた…
正確には、おしっこを我慢させられていたのだった
放課後、クラスの男子達に特別な性教育の授業をする為に……
第202編 / 題名:はじめてのおしっこ
裸で座り込んでいる少女の周りには白衣の男達が…
第201編 / 題名:車上我慢お漏らし
ある日の朝、少女は送迎の車で登校してる時、急におしっこがしたくなってしまった
…だが学校に遅刻しそうな状況の為、少女はおしっこを我慢することに…
第200編上に戻る
第200編 / 題名:クラス委員長はお漏らし性処理委員長!?
少女はマジメで成績優秀、先生からの信頼もあり、どんなことをやらせても、
そつなくこなす完璧超人なクラス委員長であった…しかし、マジメな性格で
クラス委員長という立場もあり、遅刻や忘れ物、風紀の乱れなど事あるごとに、
注意や説教をすることも……男子、女子問わずクラスメイト達は
少女の事を疎ましく思っていた……しかも何でも全て完璧にこなしてしまう
少女だから誰も何も文句が言えないのだから性質が悪い…そんなクラス委員長が
まさか授業中におしっこを漏らしてしまうという一大事があった……
普通なら先生や女子の友達がなんとかその場を収めたりするものなのだが
マジメな優等生にもかかわらず授業中にお漏らしをしてしまって
面倒なことに巻き込まれたと先生は怒りすら覚え、クラスの女子から
疎ましく思われている少女に友達など居る訳がなかった…………
それからだった……男子達が少女に陰湿なイジメが始まり……
やがて…クラス委員長はクラスの男子達の……
第199編 / 題名:エルフのフェロモンおしっこ
彼女はエルフの少女で、とある酒場でウエイトレスとして働いていた
彼女が作る特製ジュースは男達を魅了する不思議な飲み物で
ほとんどの客は彼女と特製ジュースが目当ての男達ばかりだった…
しかし、その特製ジュースの原料は希少らしく一日に3〜4回しか
注文できない限定メニューであった…それもそのはず…なにせ
特製ジュースの原料は彼女の尿、おしっこなのだから……
彼女の種族は尿自体が異性を引き寄せるフェロモンのようなものなのだ
だから彼女のおしっこの匂いを嗅ぐだけで男達は性的に発情(興奮)してしまう
ほどのものであり、そのおしっこを直接飲むのだから男達が
魅了されてしまうのは当然である…何人もの男達に求婚を迫られるほど…

そんな彼女に魅了された男達の中の一人、ある金持ちの男が彼女を
専属のメイドとして雇いたいと言ってきた……それは性的な御奉仕も
含むという内容のものではあったが酒場よりも高額な給金が貰えるのと、
その男が彼女のタイプでもあったと言う事で二つ返事でOKした…
その金持ちの男は単に彼女のフェロモンに魅了されただけではなく
女性のおしっこが堪らなく好きという性癖を持っていた…
第198編 / 題名:シスターの黄金聖水
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

十人目は癒し系巨乳シスターおしっ娘姫です。
彼女は貧しい教会のシスターで自ら考えた布教活動で信者を増やそうと
教会の聖水を沢山飲んで体内でさらに聖水を清いものにした
黄金聖水(おしっこ)を施すと言う、かなり頭が残念なシスターで
黄金聖水(おしっこ)を施す事が出来る社交場(風俗店)を探していたところ
『倶楽部おしっ娘姫』を見つけ布教活動をすることになるが…巨乳で
美女ということもあり人気はあるものの布教活動自体はまったく進展が無い模様

今回のお客様は女の子のおしっこを飲むのが大好きで
女の子がおしっこをし終えても女の子の尿道口をひたすら責め立ておしっこを
出させる程で、とにかく女の子のおしっこを飲むのが大好きな常連のお客様です
そんな飲尿好きなお客様に、なにやらシスターは感激しているみたいですが…?

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第197編 / 題名:ビッチ視姦放尿
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

九人目は姉系痴女ビッチなおしっ娘姫です。
彼女は昔、好きな男の子の前でおしっこを漏らしてしまった過去を持っていた
普通ならトラウマになるものであるが彼女は違っていた……
おしっこをしている姿を男の子に見られることに性的興奮を覚えてしまったのだ
そんな変態的尿癖を満たしてくれるであろう『倶楽部おしっ娘姫』に入店することに
おしっこをしている姿を男の子に見られて、その上お金までもらっているのだから
彼女にとってこれほどの天職はないであろう……
ちなみに気に入ったお客様がいると本番までしてしまっているというウワサが…

今回のお客様はかなりの童顔で、どうやら風俗デビューらしくテンパっている模様
(初めての風俗でいきなり『倶楽部おしっ娘姫』はどうかと思いますが…)
しかも、よりにもよってエリ嬢を御指名するとは……このお客様、エリ嬢好みの
童貞ぽい青年みたいだしエリ嬢の餌食にならなかればいいけど…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第196編 / 題名:男性恐怖失禁
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

八人目は男性恐怖症で男に触られるだけで失禁してしまうおしっ娘姫です。
男性恐怖症で男に触られるだけで失禁してしまう彼女は男性恐怖の
克服のため、あえて風俗店である『倶楽部おしっ娘姫』に入店することに
このお店を選んだ理由はいくら失禁しても怒られないからだとか
むしろ失禁してくれた方が『倶楽部おしっ娘姫』的には良いことなのだが

今回は気弱そうな女の子が好きだと言うお客様がサクラさんを指名されました
しかしサクラさんは気が弱いというか……男性が恐いだけなのですが…
お客様が恐がっているサクラさんを見て何か火が付いた模様です…
あまりサクラさんをイジメないで下さいね…お店辞められたら困りますので…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第195編 / 題名:ペットボトルにおしっこ
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

七人目はニートなおしっ娘姫です。
実家が金持ちで引きこもりのニートを決め込んでいたが親とケンカして
実家を飛び出し一人暮らしをするものの貯金も底を尽きお金に困っていたが
働く事が面倒くさいニートな彼女は、おしっこを見せるだけで
お金がもらえると聞きつけ『倶楽部おしっ娘姫』に入店する…しかし、
おしっこをしている姿をお客様に鑑賞させるものの働く事が面倒くさい
ニートな彼女は、お客様に御奉仕する気などまったくない……
「私の身体触りたければ好きにしていいわよ…でも私はおじさんに何もしないけど」
自分からはまったくなにもしない徹底的に働く事が嫌いな生意気なおしっ娘姫だが
何故かリピータが多い…

そして今回なにも知らないお客様が写真でユイさんを御指名されましたが…
あっ…ユイさん…またペットボトルなんかでおしっこを…しかも
そのおしっこ入りペットボトルをお客様に…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第194編 / 題名:カテーテル挿入deおしっこ
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

六人目は病弱なおしっ娘姫です。
病弱の彼女はすぐに体調を崩したりしてしまい普通の仕事が出来ないことを
友人に相談したところ『倶楽部おしっ娘姫』を紹介されたとか……
おしっこでお客様に御奉仕する風俗店と聞かされるが仕事を
選んでいられる立場ではない彼女は渋々入店することに……
病弱で子供の頃はず〜っと入院生活をしていて尿道カテーテルや尿瓶で
おしっこをすることが多かった為、いまでもそれが癖になっているみたいで
(そのため携帯できる清潔な尿用カテーテル、ポケットカテを常備持っている)
おもに医療器具でのおしっこ御奉仕が彼女のスタイルのようです。
体調不良で頻繁に店を休むことが多いですが彼女のカテーテルや尿瓶での
おしっこが好きだというマニアックなお客様が多い為、
クビにならずに済んでいますが…

そして久しぶりに出勤してきた彼女に早速ご指名が入りました。
なにやら彼女目当てなお客様みたいで彼女が出勤するのを
かなり待ちわびていたそうです……
よほどカテーテル挿入を楽しみになさっていたのでしょうね…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第193編 / 題名:男の娘の射精おしっこ
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

五人目は女の子よりも女の子な男のおしっ娘(要するに男の娘)です。
『倶楽部おしっ娘姫』にピッタリの変った尿癖を持った女の子を
見つける目を持っているド変態な店長が街でスカウト活動をしていた所
発掘されたのがこの彼女………だが実は女装していた男の子だと判明
しかし本人はお金に困っていて、なんでもするから雇って欲しいと頼み込む
外見は可愛い女の子にしか見えないのと可哀相なので試しに入店させてみた…
しかし意外にも写真を見て指名するお客様が多く一応男だと説明しても
8割のお客様はまったく問題無いと言い出すほど…そして男だと説明し忘れ
ご案内しても帰りには「本物の女なんかよりも断然いいかも…」だとか
「男の娘サイコー」と言い出す何かに目覚めてしまったお客様が後を絶たない…
しかもド変態な店長が男のおしっ娘も増やすと言い出すほど予想外の人気

今回もまた男だと説明したにも関わらず指名したお客様が御来店なさいました…
あっ…しかもオチ○チン同士を擦り合わせてそんなことを…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第192編 / 題名:アリス専用のおトイレなのですぅ
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

四人目は永遠の愛娘、妹系ロリおしっ娘です。
見た目や言動など、どう見ても小学生のお子様にしか見えませんが
実は他のどのおしっ娘達よりも年上であり、なおかつ
この『倶楽部おしっ娘姫』の創設者でおしっ娘姫まで勤めあげている方です。
おしっこが我慢出来ず、すぐお漏らししてしまう尿癖をお持ちのアリス様は
自分の体質を生かした仕事をする為に、この風俗店を創設したとのこと
何年経っても成長しないアリス様のことを周りの方達から
不思議の国のアリスとも呼ばれたりしていたり
一説には悪魔と契約をして不老不死にしてもらった対価として
おしっこがまったく我慢出来ない体質になったとも囁かれているほど
彼女に関してはまったく謎が多い……

今回のお客様はガテン系のお仕事をされているのか
ガッシリとした体格のお客様です。
アリス様を片腕に跨らせて持ち上げてしまいました
あっ…アリス様…そんなところでお漏らしをしてしまうとは…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第191編 / 題名:おしっこを飲むのは命掛け?
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

三人目は人妻巨乳おしっ娘姫です。
人妻の彼女は夫だけの収入だけでは生活が厳しい為
仕事を探していたところに『倶楽部おしっ娘姫』の求人を見つけ
おしっこをするだけでお金が貰えるのならと軽い気持ちで入店したのですが
意外にもこのお店にぴったりの尿癖をお持ちでした……
それは普通の人より量が多い為、長くおしっこを出し続けるというものでした
マリアさんから滴るおしっこはまるで永遠に放出されるのではないかと思えるほど…

初めて御来店されました、お客様が
そんなマリアさんのおしっこを飲みたいと言い出したのです…
『倶楽部おしっ娘姫』は、おしっこでのプレイが専門の風俗店ですので
女の子のおしっこを飲みたいとご希望されることが、よくあることなのですが
……マリアさんのおしっこだけは止めた方がよろしいかと…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第190編上に戻る
第190編 / 題名:女王様の毒舌罵倒放尿
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

お二人目は女王様タイプの眼鏡おしっ娘姫です。
もともとSM系の風俗店に勤めていたのですが、お客に罵倒しながら
おしっこを飲ませたり浴びせることに何か目覚めてしまったらしく
おしっこ専門の風俗店である『倶楽部おしっ娘姫』に移籍することになったのです。

今回のお客様は『倶楽部おしっ娘姫』に初めて遊びに来られた方で
写真を御覧になってアンナ様をご指名されていきましたが………
大丈夫でしょうか?いきなりアンナ様のお相手をするなんて…
あっ!!いきなりアンナ様がお客様を土下座させている…

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第189編 / 題名:また、おしっこしたくなっちゃいましたv
とある風俗街の片隅に密かにある、この『倶楽部おしっ娘姫』は
女の子のおしっこに興奮してしまう変態紳士様の為のマニアックな風俗のお店
…そして当店の女の子……おしっ娘姫達はおしっこマニアには堪らない、
少々変った残念な性癖…もとい尿癖を持った、おしっ娘姫ばかり
他所様の風俗店とは違いおしっこでの御奉仕が中心
おしっこ鑑賞はもちろん、プレイ中のおしっこを堪能することが出来る
おしっこマニア垂涎の風俗店でございます。

まずお一人目は元気で明るい元気印のおしっ娘姫です。
尿意が頻繁に近くおトイレに行きたくなる回数が普通の人より多い
頻尿の尿癖をお持ちでございますので、女の子のおしっこを
堪能するにはこれほど、ぴったりな、おしっ娘姫は他には居ません。

おや?エリさん、まだシャワーも浴びてないのにさっそくサービスですか?

『倶楽部おしっ娘姫』の特設ページはこちら
第188編 / 題名:愛玩具少女におしっこ強要
少女はある男に弱味を握られていた……
その弱味に漬け込み男はその少女を脅迫した……
そのことを友達にも両親にも相談することなど出来ない…
少女は誰にも助けを求めることが出来なかった……
…少女に出来ることは男のいいなりになり犯されることだけだった
……毎日のように…何度も何度も何度も何度も何度も何度も
そして少女は男の性処理の為の肉便器…愛玩具(おもちゃ)と化していた…
そのうち少女は男に何をされても表情すら変えない、まるで人形のようになっていた
男は抵抗も嫌がりもしない、そんな少女を犯し続けることに次第に飽きてしまっていた
しかし…ある時無感情無表情になってしまった少女が急にもじもじし出し
様子がおかしいことに気付き少女にそのことを問いただした………
少女はおしっこをず〜っと我慢していたことを聞かされた………
もう少しこの愛玩具(おもちゃ)で楽しめるあることを思いついた…
第187編 / 題名:マコちゃんの秘密とおしっこと…
『みな○け』と『みな○け おか○り』が再放送されていたので
かなり前に描いたマ○ちゃんを色々と修正したものを再掲載しました
嫌々女装させられながらも、そのうち自ら女の子用の服を買い出したりと
色々と目覚めてしまっているところとか、やっぱりマ○ちゃんは最高です。

シチュとしては友達の姉(次女)のおバカなツインテール少女に女装を
強要させられたばかりか、オムツまでも穿くことを強要され
「オムツを穿いたのだから、おしっこはオムツの中でするものだろ」と
おバカなツインテール少女がまたワケのわからない事を言い出し、
マ○ちゃんはまんまとその言葉に言い包められてオムツお漏らしをした挙句
オムツの中でおしっこをちゃんとしたかを確認するため
おバカなツインテール少女の目の前でオムツを脱がされオムツお漏らしを
じっくり視姦され、ワケのわからない状況なのにも関わらず興奮してしまい
可愛いオチ○チンを硬く勃起させている、おバカなマ○ちゃん…な感じです。

とりあえず前回の予告通り今回は再放送アニメものの再掲載でしたが
次回は萌え系アニメの好きなロリッ娘(ショタもあり)の投票のアレあたりを…
投票の動向を見ていただければ、もうおわかりかと…
第186編 / 題名:お漏らし鑑賞用メイド
少女は多額の借金を抱えていた…
その借金は普通に働いてもとても返すことが出来ない程の額である。
しかしある男がその借金を肩代わりすると名乗りを上げた…
メイドとしてその男の息子の元で働くことを条件に…少女にはその誘いを
断る選択肢もなく、その男の息子の元でメイドとして働くこととなった。
メイドとして働く初日、その男の息子……御主人様に挨拶に行く際
出来るだけおしっこを我慢してから行くようにと
その男に長年仕えていたメイド長から奇妙なことを言われた…
御主人様にはある変った趣味を持っているという話を聞かされ
それと関係したことだと言われた……嫌な予感と不安を抱き
少女はまだ見ぬ御主人様の元に挨拶に行くことに…
第185編 / 題名:優等生眼鏡娘自慰絶頂失禁
その少女は三つ編みのお下げで眼鏡をかけている絵に描いたような地味な女の子
その上、学級委員長をやっていてマジメで優等生という見た目を裏切らない性格
そんな彼女だが誰にも言えない秘密の遊びに夢中になっていた…
それは自慰…オナニーだった……初めはほんの些細な興味本位から
秘部を触っていただけだったが……次第にその秘部を触っていた指が激しく
さらに深く…マジメな少女にはそれはあまりにも刺激的な行為、
そして味わった事のない快感を知ってしまった…以来いけない事とは思いながらも
オナニーの虜になってしまった少女の自慰にさらに拍車が掛かったのは
ある先輩のことが好きになってしまったこと
少女はその先輩に好きだと思いを告げることが出来ず、そのもどかしさを
先輩の事を考えながらオナニーすることで解消していたのだが…逆効果だった…
第184編 / 題名:お風呂でおしっこ攻撃
俺は高級マンションと呼ばれるところに一人で住んでいる
よくこうゆう高級マンションでは隣人との付き合いが
ほとんど無いものと言われているが俺の場合はそうではなかった…
隣の家族とは結構付き合いが長い…隣の家族は夫婦と一人娘の3人
そこの夫婦は共稼ぎで忙しくよくそこの一人娘の「真帆」を俺が
面倒をみることが多くなりそのうち暇さえあえれば「真帆」は
いつも俺のところに遊びに来るようになり
いつの間にか兄のように慕われるようになっていた……
真帆とはそんな間柄なのでよく一緒にお風呂に入ることが度々あった
真帆はそのことを嬉しそうに自分の親に話しているので
真帆の親はそのことは知っていた…普通一人娘を持つ親なら
娘が他人の男とお風呂に入っているなどと知れば普通激怒するところなのだが
………俺の実家はかなりの金持ちで俺自身いくつかの会社を持っていた
(主に自宅のパソコンで仕事をしている為いつも自宅にいる)
そんな優良物件なのでむしろ俺が真帆となにか間違いを
起こすことを真帆の親は期待しているとこをがあった…
しかしツルペタでまだ女児アニメの可愛いキャラクターがプリントされた
ぱんつを常時穿いている(しかも若干おしっこのシミも付いているし)
そんなお子様…女児に手を出すほど俺はロリコンでは無い………
お風呂も真帆が一緒に入りたいと駄々をこねるから
しかたなく一緒に入っている……そんないつものように真帆と一緒に
お風呂に入っていたときのことだった……
入浴中真帆が急におしっこがしたくなったと言い出す……
おトイレに行くのが面倒とワガママなことを言っていた真帆は…
第183編 / 題名:おしっこしている最中だから…
少女は自宅のトイレにてある悩みを抱えていた…
最近変な視線を感じていたり、少女のぱんつを何者かに汚されていたり…
心霊現象化か変質者によるストーカーの仕業か……
そのことを誰かに相談しようと思い立つのだが…しかし
先輩や親友は今、人の悩みを聞いてくれる状況ではないことを思い出す…
そんな時ある少女のことが頭に浮かんだ…つい最近転校してきたばかりの
クラスメートで友達になったばかりの少女である…
その転校生にそのことを相談しようとトイレで放尿している最中に
独り言のようにつぶやいていた…そんな時…一人暮らしで家には
その少女しかいないはずなのに突然トイレのドアが解き放たれた…
第182編 / 題名:おしっこのシミ妄想でお漏らし
少女はある少女を愛していた…
だから初めは友人として接していたが段々と
胸の内はそれだけでは満足出来なくなっていた
少女の想いはエスカレートしていき
それはストーカー行為にまで及んだ…
ある日一人暮らしの愛する少女の家の合鍵を手に入れ
愛する少女の部屋にまで入り込み………………
第181編 / 題名:甘々お姉ちゃんと約束お漏らし
少女は弟を溺愛する甘々お姉ちゃん
その弟は女の子に興味を持ち始めたお年頃…
そのせいか最近弟に彼女ができたらしい
それを面白く思わない姉は弟にお姉ちゃんにしか
興味を待たないようにとあることを言い出す…
第180編上に戻る
第180編 / 題名:いいなり少女の露出放尿
少女はある男の子に好意を寄せていた………
しかしその男の子は他の多くの女子達から交際を求められるほどモテていた。
少女にはとても手が届くような相手ではなかった…
それにその男の子にも想いを寄せる相手がいた
だがその男の子は少女の知り合いの先輩の弟ということもあり
多少なりともお互いがあった………そして少女は勇気を出し男の子に告白をした
………だが意外にもその告白を受け入れて貰えた
しかし条件としてその男の子のいいなりになることだった…
第179編 / 題名:家無き少女のお外で放尿
少女には家が無かった…もう人が住んでいない空家に勝手に入り込んで
誰かに見つかるまで住んでいた……そんな生活を繰り返していた…そんなある日
また新に見つけた空家にはトイレがなかった…しかし人が住んでいない空家など
そうそう見つかるワケがない為しかたなくそのトイレがない空家に住むことにした…
第178編 / 題名:催眠で妹設定にした少女の立ちション
初めはまったく信じていなかった…そんな馬鹿げたものがあるわけない
しかし冗談半分で使ってみたところ、なんとどうやらコレは本物だった
俺はとんでもない物を拾ってしまった…それはどんな人でも思いのままに操れる
アイテムと、この取り扱い説明書に書いてあった…催眠術やらで人を洗脳するらしい
……まったく御丁寧に取り扱い説明書まで付けてこんな凄いレアアイテムを捨てて
しまう奴がいるなんて…ともかくこんな凄いレアアイテムを手に入れたのだから
使わないバカはいないだろう…俺好みの少女を見つけて、このレアアイテムで
洗脳して少女を犯しまくることにした、まずターゲットとなる少女に従順な妹で
俺が大好きなお兄ちゃんだと催眠術で思い込ませて俺の言う事には
絶対服従という洗脳を掛ける…これでほぼ少女は俺の都合のいい愛玩具になる
この方法も少女の性奴隷、肉便器の創り方という項目で
取り扱い説明書に詳しく書いてあった。そして俺の家に連れ込み散々少女の
マ○コや口、さらにアナルに精液を注ぎ込んで用済みになった後、
洗脳を解除しても少女が犯されている間の記憶は都合のいいように
改竄されるため事件になることはない。これがあれば少女を拉致、誘拐をして
無理矢理犯すというハイリスクを背負うこともないのだ。そして今日も俺好みの
少女を洗脳してたっぷり可愛がってやる為俺の家に連れ込もうとしていた
道すがら少女は突然思いもよらないことを言い出した………
第177編 / 題名:強姉のおしっこ我慢お漏らし
俺には姉がいる…この姉は周囲から、かなりの人気があり憧れの的だそうだ。
美人で巨乳で頭も良く真面目で優しく生徒会長もやっている完璧超人…
だから何人もの男子が姉に告白してくる程だ…何故か女子にも人気高いらしい
……が、本当の姉を知っているのは俺ぐらいだろう…
普段、家の中では下着同然の格好でウロウロしている…家事全般は殆んど
俺まかせ姉は料理すらしない、そして何かとすぐ俺に暴力を振るったり俺を
パシリに使ったり…女性がみんなこんな感じなのかと思うと女性に幻想を
抱くことも出来ない…よく妹やら姉などに憧れを抱いたりHなマンガやエロゲーに
よくある近親相姦な欲望を持ったり、萌え〜と思って男達が多いみたいだが
実際に妹やら姉が居ないからそう思うのだろう…現実に居たらとてもそんな幻想など
……姉に対する愚痴は置いといて姉とは双子だからなのだろうかトイレの周期が
同じらしく家ではトイレに行くタイミングが重なることがある、しかし姉は少しおしっこを
我慢してからトイレに行くみたいなのだ。これは女性の習性なのか姉だけの
癖のようなものなのかは解らないが、そのおかげで俺が先にトイレに入ることが
多かった…そんないつものとある日またも俺が先にトイレに入っている時
またも姉がトイレにやってきた…俺は小便だけだったしすぐにトイレから出ても
よかったのだが度重なる姉からの理不尽な扱いに俺は姉に反抗する為にしばらく
トイレに立て篭もることにした…
それがまさかいろいろな悲劇を生むことになるとは思わなかったが………
第176編 / 題名:ケモ耳娘のとあるおしっこの習性
最近ある事情で牝猫を飼い始めた。
その牝猫は見た目は普通の小学生くらいの年頃の少女だが
ケモノの耳と尻尾を生やした獣人種の牝である。
(実際の年齢は俺の祖父よりも上ではあるが…)
だが人間と違い本能に忠実なケモノであるこの牝猫は
俺にとっては性の捌け口、都合のいい性処理肉便器だ。
人間の女みたく面倒なことをしなくていい
俺がヤりたい時にはいつでもどこでも相手をしてくれる
しかし最近この牝猫はサカリが付き始め牝猫の方から
おねだりをしてきだす有様だ………
この前は一日中ハメっぱなしなんてこともあった…
そんなある日またも牝猫が交尾のおねだりをしてきた最中
突然おしっこを漏らし出してしまった…
それは獣人種の牝のある習性なのだが………
第175編 / 題名:お姫様の尻穴拷問失禁
少女はある小さな国のお城のお姫様。
その国のお殿様は至福を肥やすため不当な年貢の徴収を行なっていた
国の民達のその怒りは何も知らず裕福に暮らしているお姫様に向けられた。
お姫様は国の民達にさらわれ理不尽な拷問を執行されていた…

お姫様は手や足を縛りあげられ、そして男性器のような張形がお姫様の
お尻の穴…菊門に無理矢理挿入され少しでも自重で腰を降ろしてしまえば
張形が深く菊門にめり込んでしまう…張形が深く挿入される度
お姫様の菊門が徐々に押し広げられてしまうことに……お姫様は張形が
菊門に沈みこまないように踏ん張り腰を少しでも浮かせていようと頑張るも
人間何時間も同じような体勢などでいられるわけも無い……
足にはもう力が入らなくなり、お姫様のお尻は段々と下がりだし
張形は徐々にお姫様の菊門に深く挿入されていく…
第174編 / 題名:跳び箱おもらし
クラスのみんなが跳び箱を跳ぶことが出来るのに
少女一人だけ跳び箱を跳ぶことが出来なかった…
少女の担任の先生は放課後居残りで少女に跳び箱をさせることに…
先生は少女が跳び箱を跳べるまで休むことも許さないばかりか
おトイレにも行かせることはしなかった……
第173編 / 題名:生徒会長様がオムツでおしっこ?!
俺はある秘密を知ってしまった…美少女で成績優秀、男でも太刀打ち
出来ないほど武術にも長けていて、男女ともに人気があり人望もある
まさに完璧な、この学園の生徒会長様が……まさかなぁ〜
この秘密を握っていれば生徒会長様だろうが俺の言う事に逆らうことは
出来ないだろう…ああっ楽しみだ…まずは生徒会長様のぱんつを…
いや…俺の目の前で生徒会長様のおしっこをしている姿を…
美少女の生徒会長様のオムツ姿も………
第172編 / 題名:プールでおしっこする癖
少女にはある変った癖があった、それは水の中でおしっこをすることだった
初めはお風呂の中でおしっこをしていたのだが最近はプールでおしっこをすることに
ハマってしまっていた…そして今日もまた少女はプールに入っていたのだが…
第171編 / 題名:ダメダメな少女のスパッツお漏らし
運動が苦手な少女はスポーツクラブのようなものに通っていた
運動が苦手なだけあってとんなスポーツもダメダメな状況であった
まずは基礎体力をつけるべくスポーツクラブのコーチが特別に
少女と特訓することに……しかし特訓を開始する前に少女は
言い出すことが出来ない言葉があった「おしっこがしたい」と…
まじめでそのコーチに思いを寄せている少女にはそのようなこと
言えるはずもなく、特訓が開始された………しかも
その特訓はおしっこを我慢している少女にとって試練と言うべきものであった…
第170編上に戻る
第170編 / 題名:おねだりはおむつでお漏らしなの♪
少女は三度の飯よりもパパのミルク(精液)が大好き
パパのミルク(精液)をおねだりする為、パパの大好きな
おむつでお漏らしをすることに…少女によるといろいろと試した結果
おむつで興奮したパパのミルク(精液)が一番美味しかったとのこと…(?)
第169編 / 題名:お口におしっこを
少女には何でも言う事を聞いてくれるペットのよう男がいた
少女はその男をイジメるのが何よりも楽しみなのであった。
また少女にとってその男をイジメることは愛情表現でもあるのだ
そして今日もまたドSな少女はその男をイジメる為に……
第168編 / 題名:妹が恐怖失禁しちゃいました
男は妹を連れてある場所で肝試しをすることに…妹は恐がりで肝試しなどは特に
苦手…だが一人では恐くて帰ることも出来ないしかたなく肝試しに参加することに
しかし…
第167編 / 題名:全裸御嬢様のおしっこ
男は道に迷っていた……というか遭難中
男は必死になって歩いた…そして男はなんとか人を見つけることができたが…
男が見つけた人間は裸の可愛らしい少女だった…
男が遭難した場所はその少女の家の敷地内だった…
第166編 / 題名:おしっこに行く暇が無いから
少女は頭が良く色々な研究をしていた…
少女は日々忙しくトイレに行く暇さえ惜しいくらいに
なので少女はもっぱらペットボトルの容器に……
第165編 / 題名:肉便器な鬼娘のおしっこ
少女は鎖に繋がれ多くの男たちの慰み物になっていた…
その幼く見える幼児体型の女の子は人間ではなかった
何百年も生きている鬼の少女…数多くの人間…
特に女性を喰う鬼であった……この鬼の少女は
多くの人間を殺し悪行を働いてきた……
人間ではまったく太刀打ち出来ない鬼の少女を
ある僧侶が鬼の少女の力を封印した……
鬼の少女は人間の女児と変らぬ非力な者になったものの
不死の能力を持っている為、殺すことすら出来なかった…
しかし家族を殺された者達の怒りは治まるワケも無く
外見は幼い女児と変らぬ鬼の少女は男達の性処理奴隷
…肉便器として……
第164編 / 題名:ツンデレ委員長のお漏らし
少女には気になる少年がいた、その少年は昔からの幼馴染で
腐れ縁な間柄であった少年はいつも宿題を忘れたり、遅刻やサボり、
またクラスの女子にいつもイタズラをする少々やんちゃな少年であった…
なので、クラス委員長である少女はいつもその少年に注意したりと
なんとか更正させようと奮闘するも、のれんに腕押し、
少年はまったく言うことなど聞きはしなかった…
どうしたらマジメにしてくれるか直球で聞くと
少年は少女にあるものを見せてくれたらなんでも言うことを聞くと言った……
第163編 / 題名:妖艶なる人外の放尿
男の前には色香を漂わせている妖艶な女性がいた
しかしその女性は人間にあらず…人の世の者ではない人外の者であった
男はその人外の者に掛けられた封印を解いた…自由の身になった人外の者は
お礼にと男に一つだけどんな願いでも叶えてやると申し出た
人外の者はお金・女・絶対の支配力…どのような人間の欲望だろうが
叶えることが出来る能力を持っている…男はそのことを充分承知していた…

なにせその人外の者は人間と契約し欲望を叶え対価を糧としている魔物
だが今回に限っては封印を解いた礼ということで対価が必要ない極稀なケース
それなのに男が望んだ願いは人外の者が驚愕するような願いであった…
男が望んだ願いとは…?
第162編 / 題名:お空でお漏らし
その女の子にはお友達が居なかった
両親も仕事でいつも忙しく女の子はいつも一人でいることが多い
だから女の子はボーっと座って遠くを見つめて時間を潰している
そんな何も無い日々を送っていた女の子にある日
とんでもないことが起こった…まったく動かず座っている
女の子を大きな鳥が餌と思ったのか空に連れ去っていった…
第161編 / 題名:撃沈王!!尿漏れ天使
少女は巨大ロボットのエースパイロットであった。
少女は訓練を受けた軍人でも操縦技術に長けているワケでも無い…頻繁に
おしっこに行くちょっぴり膀胱のユルいことを除いてはごくごく普通の少女である。
しかし少女はある条件下であればどのような敵をも閃光のごとく撃沈する
特殊な能力を持ったニュー○イプであった。
その能力には時間が限られており、なにせ少女はおしっこを我慢している時のみ
ニュー○イプとして覚醒するのだから…そして敵を全て殲滅した時、まるで
勝利の祝杯のごとく少女はコクピットに黄金の聖水(おしっこ)を注ぎ込むのである
…それゆえに少女は「尿漏れ天使」と呼ばれていた
しかし少女自身そう呼ばれていることを知らない…
第160編上に戻る
第160編 / 題名:おしっこ好きの足長おじさん
少女の家は貧しく日々の生活にも困っていた…
そんな貧しい少女を見かねたある紳士がその少女に声をかけてきた…
紳士は少女にあるお願いを聞いてくれたらお金を援助しようと…
周りからはその紳士は変態紳士と言われるほど変わり者であった…
そのお願いはそんなに難しいことでは無いのだが…少女はとても困っていた
第159編 / 題名:ああっお姉様…私のお漏らしを…
男には興味が無い少女がいた。その少女には憧れの人がいた、それは後輩達から
お姉様と慕われている年上の女性その憧れのお姉様にはある噂があった…
憧れのお姉様の妹(恋人または愛人)になるにはあることをしなかればならないらしい
それはとても恥しい変態的な行為…だからお姉様には必要以上に好意を寄せる
女性はいなかった…その噂は憧れのお姉様に誰も近づけさせない為のものとも
少女達にチヤホヤされることを疎ましく思ったお姉様本人が流した噂とも
言われている…だが、その噂を聞いた少女は…
第158編 / 題名:電車でNyo(尿)!!
少女は急いで電車に駆け込み乗車した…どうやら少女は
とても急いでいた様子であったその電車に乗り損ねたら確実に
遅刻してしまうから…無事電車に乗り込むことが出来たものの
急いでいた為トイレに行くことが出来なかった少女は多少おしっこが
したいと思っていた程度だった…目的の駅までおしっこを我慢すれば
いいかと思っていたしかしおしっこのことを考えれば考えるほど少女は
おしっこが我慢出来なくなってきてしまったこのままではお漏らしをしてしまうと
思った少女は遅刻覚悟で次の駅で降りてトイレに行こうとしたのだが…
第157編 / 題名:魔法少女まじかる桜ちゃんのお漏らし
魔法少女まじかる桜ちゃんは敵に捕まってしまった
両手を拘束され囚われの身の桜ちゃん
桜ちゃんは仲間が助けに来てくれることを信じ長い時を待った…
そしてその願いが通じたのか仲間が助けに来てくれた…だが、しかし
あまりにも間が悪かった……仲間の助けを拒まなければならない程の
ある別のピンチに襲われていた…桜ちゃんにとってはいろいろな意味で
人生が終わってしまうほどの大ピンチだった… 
第156編 / 題名:正月・書初め・初おもらし
元旦…少女は父親に書初めをするようにと命令された 
しかしその書初めはただの書初めではなかった…
これはいつも少女がされている調教の一つに過ぎない…
着物に着替えた少女は下着を着けてはいない…なにせこれから女性器に
筆の柄を挿入して父親の目の前で書初めをするのだから…
そんな状態では書初めなど上手く書ける訳も無い…ミミズが這ったような文字、
文字が紙からハミ出したりと上手く書けなければ何度でも父親から
書き直しをさせられる…父親であるその男にとって少女が上手く書けないでいる方が
より楽しめるというもの…少女が何度も何度も書初めをする度に筆の柄がグリグリと
女性器の中を絶妙に刺激し筆の柄は少女の愛液塗れになっていた…
何度と無く少女は絶頂に達し意識が朦朧になりながらも少女は書き続けるしかない
この快楽地獄から脱する為には書初めを完成させるしかないのだから…
何度も書き直し、偶然にも上手く書け完成させられるとなった矢先
安堵したのだろうか気が緩んでしまい急な尿意を催してしまった…
少女は必死におしっこを我慢した…この快楽地獄から解放されるため…
しかし女性器に挿入されている筆の柄の絶妙な刺激を加えられている
そんな状態では少女のおしっこなど我慢出来るはずもなかった………
第155編 / 題名:お嬢様の華麗なるお漏らし
ある時お嬢様が執事の隠し持っていたエロ本を見つけてしまうことに
しかしそのエロ本に載っているものは女の子の放尿、お漏らし、失禁など
おしっこモノのエロ本だった…そのエロ本を見たお嬢様は執事に
『私のおしっこ見せてあげてもいいわよ』と言い出した…
執事は耳を疑った…しかしお嬢様にはある画策があった…お嬢様の心意は…?
第154編 / 題名:便器少女のお漏らし
男はおしっこがしたくなり近くにあった公園の公衆トイレに
駆け込んだ…しかしそこにはとんでもない光景があった……
そこの男子トイレには目隠しをされ手をロープのようなもので縛られ
スカートやパンツを脱がされたらしく下半身を丸出しにした小さな少女が居た
…男がトイレに駆け込んだ足音に気付き少女はその男に助けを求めたのだが…
第153編 / 題名:露出痴女ッ娘の悦失禁
その少女の風貌は眼鏡をかけていて三つ編みのおさげをした
いかにも優等生あるいは委員長、図書委員といった感じの
マジメな女子にしか見えない…しかし少女の本性はまったく違っていた…
下着すら着けないままコートを羽織り夜中人気の無い場所に出かけ
見知らぬキモイおじさんにその痴態を晒していた、しかもその上
その興奮が高まるとお漏らしをしてしまう癖もあり
そんなお漏らし姿までも見せつけ絶頂する…そんな露出狂…
レイプ願望すら抱いている痴女、ド変態な少女だった…
第152編 / 題名:おしっこ我慢できないよぉ〜
少女は今日、兄と二人でお出かけをしていた…しかし少女は急におしっこが
したくなってしまった…少女は足踏みをして身体全体を小刻みに揺らしていた、
かなりの緊急事態のようであった…だが残念ながら近くにトイレはない…
だがこの場所はほとんど人がいないだから兄はその場でおしっこすることを
提案するが、そんな恥しいことなど出来る訳がない…だが少女は更に
身悶えながらおしっこを必死に我慢するも…
第151編 / 題名:イカせたらトイレに行かせてやる
自ら進んでか、あるいは強制、強要…または金のため?定かではないが少女の
その姿は首輪と獣の耳と尻尾を付けられ限りなく裸に近いまるでペットのようだった
しかしそれは容姿だけの話ではなかった…いま少女はある男の肉棒に口で
奉仕していた。それはさながら飼い主がペットを調教している光景のようだった…
そんな中、尿意を催してしまった少女はトイレに行かせてほしいと懇願するが男は
聞き入れてはくれなかった…
だが御奉仕で射精したらトイレに行かせてやると約束をした…
第150編上に戻る
第150編 / 題名:聖女肛虐懲罰失禁
シスターはある失敗をし反省すべく自ら神父様に罰(御仕置き)を受けることに…
しかし神父様がシスターにした罰(御仕置き)はシスターの肛門責めだった
穢れなきシスターにとってはあまりにも酷い罰(御仕置き)否、
拷問に値するものであった故に聖女は失禁をしてしまうほどであったのだから…
第149編 / 題名:双子姉妹のおしっこ
男には二人の妹(しかも双子)がいた。
お風呂が広いせいか男は二人の妹といつも一緒にお風呂に入っていた
そんなある日のバスタイム、妹の一人がおしっこしたくなったと言い出した
しかしもう一人の妹もおしっこがしたくなったらしい
そこでその妹が男にとって予想外な、あるとんでもない提案を持ち出してきた
第148編 / 題名:ビッチな男の娘おしっこ
男の近所に住んでいる少女の両親は仕事が忙しくあまり家には帰って来ない
だからよくその両親に頼まれ少女の面倒をよく見ることがある…
しかしその少女はどこか色っぽく男はその少女に欲情してしまうほどだった
いくらその少女に邪な感情を抱こうと近所に住んでいるただの女の子
手を出すわけにはいかない…そんなある日その少女に呼び出され
とんでもない告白をされてしまうことに…
第147編 / 題名:ある実験での恐怖失禁
ボテ腹で妊娠していると思われる女性がある部屋でヘッドホンを付けさせられ椅子に
座っていた…そしてそこには彼女の他に白衣を着た研究者らしき二人の男も居た…
彼女はある実験の為の実験体であった…実験体である彼女は下着…
ショーツを穿かされていなかった…それはある恐怖の実験の為…
第146編 / 題名:追跡少女の悦失禁
男は気分の悪そうな少女を見かけ心配で声をかけた…
しかしそれが間違いだった…少女はその男のストーカーであった
少女はその男を着け回すのに夢中でおしっこを我慢していた
しかし、手遅れであった少女はもうお漏らしをしていたからだ…少女はおしっこを
漏らしながら淡々と男にどんなストーキングをしていたかを話し出した…
第145編 / 題名:ランナーのブルマお漏らし
少女は走っていた…1位独走…もうゴール直前…少女は顔を歪めていた
それはかなりの距離を走っていたからだけではなくおしっこをかなり
我慢していたからでもあった……少女はおしっこを我慢しながら走っていた。
途中で何度も尿漏れをしながらも走りつづけた……
だがゴール直前になって少女は別のランナーに抜かれてしまった…
なんとか追い抜こうとするが…少女はもう限界だった…
少女の穿いているブルマからは汗にも似た黄色い雫が勢い良く流れていた…
第144編 / 題名:虐待のオムツ恐怖失禁
その少女は身体中怪我だらけだった…それは
いつも父親から虐待を受けていたから…ウサを晴らすため少女に暴行をし
性欲を満たすため少女で性処理をする少女は彼の欲求を満たす為の玩具人形
とりわけ彼は女の子のおしっこが大好きで少女におしっこを強要することが多く
いつしかオムツを穿くことまでも強要することになるのだが…
第143編 / 題名:御令嬢の拘束恥辱放尿
少女はある財閥の御令嬢、そんなお嬢様がある日、何者かにより拉致
誘拐されてしまう・・・それは金目的に誘拐だった
なんとかそのお嬢様は逃げようとトイレに行きたいと
誘拐犯達に言って逃げようとするも失敗してしまう・・・
逃げられないようにと誘拐犯達はお嬢様の穿いていた
スカートとショーツを脱がし取る・・・・・・しかしタイミングの
悪いことにお嬢様は本当に尿意を催してしまった・・・・・・
だが、もちろんトイレになど行かせてもらえるわけもなく
必死でおしっこを我慢しているお嬢様に更なる不幸が・・・
第142編 / 題名:性奴隷少女のご奉仕お漏らし
少女は夜中、男の部屋に訪れた・・・その少女は以前幼い頃より他の男の
性奴隷として毎日のように調教を受け性欲の処理をさせられていた・・・
しかしある日、男が屋敷のメイドとして多額の金でその少女を
引き取ることになった・・・少女はメイドとして屋敷で働き
以前のように人間扱いされない性奴隷としての日々から開放された
しかし少女はメイドとしては半人前・・・迷惑をかけることも・・・
どうしても少女は男に恩を少しでも返そう思い自ら男の夜のお世話を
志願することに・・・しかしそんな夜のお世話の直前に少女は緊張のあまり・・・
第141編 / 題名:白濁まみれの脅迫強要放尿
そこには眼鏡を駆け凛とした気の強そうなスーツ姿の女性がいた
しかしその女性はスカートとショーツを脱がされ大量の精液で
白濁まみれにされマ○コやアナルからは何度となく射精された
精液がどろりと溢れ垂れ流れていた・・・
女性はある脅迫を受け抵抗することも出来ず
なすがまま複数の男達に犯されいたのであった・・・
そして女性は男達にさらなる無茶な要求をされることに・・・
第140編上に戻る
第140編 / 題名:妄想おしっこ
ぱんつを降ろししゃがんで今にもおしっこをしようとしている格好の少女
しかし誰かと話しているかのようにブツブツ言いながら
頬を染め恥しがりおしっこをする気配がない・・・
しばらくぱんつを降ろしたまましゃがんだ格好をしていた為
ついに少女は尿意を催し放尿してしまうことに・・・そして少女の目の前には・・・

【コメント】
今回のオモシューはいよいよ来週2011年8月12日〜14日に開催される
同人ビックイベント!!夏のコミックマーケット80に頒布の
おしっ娘アンソロジー「し〜むす! vol.04」に描かせてもらったマンガに
出てくるもう一人の女の子の前日の話的オモシューです。
よかったら「し〜むす! vol.04」見て頂けるとありがたいです。

おしっ娘オンリーイベント「し〜むす!4」のサークル参加者による合同誌
おしっ娘アンソロジー「し〜むす! vol.04」を詳しく知りたい方は
↓の『し〜むす!合同誌企画 特設サイト』をチェック!!!
し〜むす!合同誌企画特設サイト
第139編 / 題名:妹のお子様ぱんつお漏らし
少女は兄の前で服を脱ぎ下着姿になった・・・
少女が穿いているぱんつは子供が穿くような大きな女児ショーツ
このような女児ショーツを穿いているのは兄を喜ばす為であった
兄は女の子のおしっこやお漏らしが大好きな変態・・・
そう、少女は兄をもっと喜ばせる為、我慢していたおしっこを
その女児ショーツを穿いたまま勢いよく・・・

【コメント】
今回のオモシューは夏のコミックマーケット80に頒布のおしっ娘アンソロジー
「し〜むす! vol.04」に描かせてもらったマンガの前日の話的オモシューです。
よかったら「し〜むす! vol.04」見て頂けるとありがたいです。
また次回更新のオモシューにもマンガに描いたもう一人の女の子のオモシューです。
(次回は内気なメガネッ娘の放尿ものです。)

おしっ娘オンリーイベント「し〜むす!4」のサークル参加者による合同誌
おしっ娘アンソロジー「し〜むす! vol.04」を詳しく知りたい方は
↓の『し〜むす!合同誌企画 特設サイト』をチェック!!!
し〜むす!合同誌企画特設サイト
第138編 / 題名:調教済みのボテ腹少女の放尿
少女はある男に大きな屋敷に監禁され毎日のように犯されることに・・・
数ヵ月もの調教により少女は男好みの性処理肉便器牝奴隷と化し
お腹は赤ちゃんを孕んだ妊娠ボテ腹となっていた・・・

妊娠ボテ腹の少女は全裸で立ったまま壁に手をつき片足を上げ
男に哀願をする『おしっこをするとことを見てください』と
今では排泄行為も男に見られていないと排泄できない身体に調教されていた。
第137編 / 題名:ご褒美の罵倒放尿
男は女の子のおしっこが大好きな変態だった・・・そのことは周知の事実だから
周りの女の子はその男に好意を持つことはなかった・・・一人の少女を除いては・・・
その少女は男に自分の下僕になって言うことを何でも聞いてくれたら
ご褒美に私のおしっこを飲ませてあげると自ら持ち掛けた・・・
第136編 / 題名:絶対従守で妹におむつ常用
オレはある者と契約をし、ある特殊な能力を手に入れてた
その能力はオレの下す命令には絶対に従わなければならない
人の意思とは関係なく命令を実行させることができるものである。

とはいえこの能力がどれほど効果があるのか使用制限、使用時間等、
色々と調べなければならない・・・まだ能力の特性を把握していない内は
下手に人に使うワケにはいかいない・・・

この能力を知る為身近な人間である妹を実験に利用することにした。
まず手始めに妹に常におむつを着用することを命令した。そして他にも命令を・・・
第135編 / 題名:メイドのおしっこ教育
少年は専属のメイドが居るほどの金持ちだった・・・
そのメイドは少年のお世話係でもあり教育係でもあった。
そんな少年があるときある疑問で悩んでいた・・・それは・・・
「女の子はどのようにおしっこをするのか?」
男の子である少年には決してわかるわけもない
そして勇気を出し少年はメイドに聞くことに・・・
第134編 / 題名:お漏らしの歌姫
ここはある地下のライブハウスそしてここで多くの少女たちが
プロのアイドルを目指すべく地下アイドルとして活動しているそして
ここで人気のあるナンバーワン地下アイドルは『りんご』という名の少女だった・・・
「りんご」は見た目も申し分ないほど可愛く歌唱力もあり
プロのアイドルでやっていけるほどの実力はあるのだが
プロのアイドルとしては致命的なある悩みがあった・・・それは・・・
『大勢の人の前で歌うと緊張のあまりお漏らしをしてしまう』ことだった
致命的な欠点であるがこの地下のライブハウスでは
それが地下アイドルのナンバーワンになった理由でもあった
第133編 / 題名:女装、男の娘、お漏らし
男はある少女の秘密をしってしまった・・・男は少女にスカートを脱ぐように強要した
それはその秘密にたいしての興味と確認スカートを脱いであらわになった
下半身には可愛らしいぱんつには女の子には似つかわしくない股間の膨らみが
・・・それはどう見ても少女にしか見えない・・・女装した男の子・・・男の娘だった・・・
さらにその男の娘にはさらなるピンチが訪れていたなにせ今、
猛烈に我慢しているのだから・・・
第132編 / 題名:アレの為にお漏らしする少女
少女は待ち焦がれていた・・・おじさんのアレを・・・
少女はアレの為だったらどんなことでもしてくれた
裸になってくれたりおじさんのおち○ちんをしゃぶってくれたり・・・
そして今日そのおじさんはおしっこを強要した
しかもぱんつを穿いたままでのおしっこ・・・お漏らしをすることを・・・
第131編 / 題名:子猫のおしっこ
まだ自分では上手くおしっこが出来ないネコ耳女児(子猫)に
ご主人様は子猫の硬く閉ざされた幼いワレメを刺激して排泄を促す事に・・・
第130編上に戻る
第130編 / 題名:イジメられお漏らし少女
世の中には何故かいじめを受けてしまうイジメられっ子体質の人間がいる
この少女もそんなタイプだった・・・少女はトイレに行くのを妨害されたりする
いじめなどを受けていた・・・授業中にトイレに行くという手段もあるが
しかし少女は授業中トイレに行きたいと言い出せないような内気な性格だった
なので学園に居る間は少女は排泄行為を出来ないでいた
そんなある日、少女はおしっこが我慢出来なくなり
勇気を振り絞りトイレに駆け込むのだが・・・
第129編 / 題名:コスプレお漏らし
少女は気が付くと見知らぬ場所にいた・・・少女は身動きが出来ないように拘束され
なおかつ騒がれないようサルグツワをかまされていた・・・しかも少女の衣装は
アニメのキャラのコスプレをさせられていた少女をこのような目に
あわせていたのは、いかにもオタクといわれるような風体の太った
キモオタ達だった・・・キモオタ達に抵抗出来ない少女の足を無理矢理広げさせられ
その少女を痴態を被写体に撮影さていた・・・そんな中、
急に少女を尿意が襲った・・・少女はおしっこが出ると訴えるもサルグツワのせいで
キモオタ達の耳に届きはしなかった・・・もしかすると少女の仕草や様子で
おしっこが出ることはキモオタ達はわかっていたのかもしれなかった・・・
少女はとうとうおしっこを我慢することが出来ずニヤついている
キモオタ達の見ている前で少女は・・・
第128編 / 題名:男の娘の日
そこに居たのは可愛らしい女の子・・・いや正確には
女の子みたいな格好(女装)をさせられた男の子だった
そしてそこに現れたのは見知らぬオジサンたちだった
第127編 / 題名:とある真夜中の恐怖失禁
その日の夜は雨が激しい豪雨で雷が鳴り響いていた・・・
そんな中、少女は尿意を催すものの大きな音と強烈な閃光の雷に脅え
少女はその場に屈み込み一歩も歩くことが出来なかった・・・
トイレに行くことが出来ない少女はやがておしっこを我慢出来なくなり
そして強烈な雷が鳴り響いた時、少女は・・・・・・
第126編 / 題名:今日はアンスコでお漏らし
今日も娘の為にぱんつを買ってきた・・・いや、
これは娘の為では無く自分の欲求を満たす為・・・
今日買ってきたのはアンダースコート・・・アンスコと呼ばれるものだ
厳密にはぱんつではないが・・・娘にこのアンスコを穿いてもらい
今日もまたいつものように・・・・・・
第125編 / 題名:ミルク飲みおもらし人形
少女はパパのミルクにすっかりハマってしまい
毎日のようにパパにミルクをおねだりするようになっていた
パパにミルクをいっぱいだしてもらえるように
パパを喜ばせる為少女はおしっこを我慢していた・・・
第124編 / 題名:憧れの先輩がお漏らしするなんて
容姿端麗、清楚可憐まさに非の打ち所の無い完璧な女性。
そんな先輩がボクなんかと付き合ってもらえる訳もない・・・
憧れの先輩で童貞を捨てることが出来るのなら
悪魔に魂を売ってもいいと思っている・・・しかしそう思っている
男子生徒が周りに結構居ることが友人達との他愛も無い会話で知る・・・
第123編 / 題名:ロリ痴女ッ娘のおしっこ
少女は突然男に声をかけてきた「いいもの見せてあげようか?」と
少女は男を人気の無い場所に連れ込み少女は自ら着ていたワンピースを
たくし上げた・・・そこにはぱんつすら穿いていない幼女の裸があった・・・
第122編 / 題名:おしっこカジノ
ここは、とあるカジノ・・・しかしこのカジノはかなり変ったカジノだった
ゲームの全ては女性のおしっこを趣向に取り入れたものだった・・・
放尿、お漏らし、オムツ、恐怖失禁・・・さまざまな趣向を凝らしたゲームばかり
そしてゲームに勝つと賭けたコインの配当の他にある特別なご褒美が・・・
男はここでおしっこの飛沫の距離を当るゲームに挑戦することに・・・
第121編 / 題名:おむつな罰ゲーム
少女はなにやら罰ゲームで今日一日おむつ姿でいなければならない上、排泄行為も
そのおむつの中でしなければいけないばかりか兄に報告をして兄の前で
おむつの中で排泄行為しなければならないという過酷な罰ゲームを強いられることに
・・・そして何度目かのおむつの中でおしっこをした時についに・・・
第120編上に戻る
第120編 / 題名:なわとびで我慢お漏らし
なわとびのテスト中、少女は尿意を催してしまう
しかしそれでも少女は、おしっこを我慢しながらなわとびを跳び続けることに・・・
それは少女のなわとび新記録の更新がかかっていたから
ジャンプする度におしっこが少しづつだが漏れ出しブルマにまで
おしっこのシミが徐々に広がっても少女は必死に
おしっこを我慢しながらなわとびを跳び続けるのだが・・・
第119編 / 題名:おかしなお漏らし
男は商店街の福引で5等のお菓子の詰め合わせが当たった・・・しかし
男はあまりお菓子を食べない・・・と、言うかお菓子は好きではなかった
かといって食べ物を捨てるわけにもいかない・・・その時男の目の前に
ベンチに座ってちまちまとお菓子を食べていた少女が居た
そこで男は少女にお菓子をあげることに・・・すると少女は
「それじゃお礼におじちゃんの言うことなんでもきいてあげるね!」
第118編 / 題名:痴漢でお漏らし
少女は電車の中でおしっこを我慢していた・・・そんなタイミングの時に
痴漢に遭遇し少女はお尻を触られる・・・恐怖とおしっこを我慢していたせいで
少女は抵抗すら出来ず痴漢にされるがままにスカートの中に手を入れられ
有ろうことか痴漢は少女のアナルを責め立てる・・・
ついに少女はおしっこを我慢することが出来なくなり・・・
第117編 / 題名:妹の素股おしっこプレイ
少女にはイケメンで頭も良くてスポーツ万能なお兄様がいた
しかしそのお兄様はとんでもないロリコンでマゾで変態だった・・・
オチ○ポに跨れて素股状態の妹に責められ罵倒されたりして喜んだり、その上・・・
第116編 / 題名:催眠し〜し〜少女
優等生の少女にはある秘密がある・・・しかし少女自身その秘密を知らない
なにせ少女はとある催眠術にかかっているからだ・・・
催眠術にかかっていることすら知らず平穏に暮らしていた少女は
ある日お友達と一緒に居る時になにが原因かは分らないが
催眠にかかった状態になり少女はお友達にいつもとはまるで違う
少女自身の姿を晒してしまうことに・・・
第115編 / 題名:飲尿強制と放尿
ある日少女は好きな男の子にオナニーとお漏らしを見られてしまった
それをネタに男の子は少女を脅迫し様々な恥辱を強要(調教)・・・
少女は言いなりになるしかなかった・・・しかし好きな男の子と一緒に
居られることは少女にとって幸か不幸か?
そんなある日、少女はおしっこがしたくなり好きな男の子に・・・
(※こちらは「題名:縦笛で絶頂放尿」の続編です。)
第114編 / 題名:おしっこ(排泄)手伝って
妹の足を持ち上げお兄ちゃんはタオルで妹のアソコを摩っていた・・・
その様子はまるでオムツを取り替える赤ちゃんの格好そのものだ
すると徐々にタオルが濡れだしてきた・・・それは妹の尿・・・おしっこ
お兄ちゃんがしていたのは妹の排泄の手伝いだった
第113編 / 題名:カテーテルと尿瓶とおしっこと
何者かに弱味を握られているのか(?)少女は自ら尿道にカテーテルを
挿入るすることに・・・しかしそれは少女にとっては激痛以外のなにものでもなかった
それでもカテーテルを奥に挿入るのであった・・・
第112編 / 題名:お兄ちゃんのでオネショ
いつもオネショをしてしまうさゆりちゃんはお兄ちゃんの着ているものを着れば絶対
オネショなんてしないと思いお兄ちゃんのシャツを着て寝るもやはりオネショをして
しまう・・・お兄ちゃんにシャツを汚してしまったことを謝る・・・そこで兄はさゆりに・・・
第111編 / 題名:幸せなお漏らし
幼女と言っていいような背丈の小さめな少女は服を脱ぐようにおじ様に言われ
それに従う・・・プリントの入っている、いかにもお子様で女児が穿くようなぱんつ姿の
少女は、おじ様にそのままの姿でおしっこをするように言われる・・・恥しい
お漏らしを強要されても少女は両親の幸せの為にも逆らうことは出来なかった・・・
第110編上に戻る
第110編 / 題名:縦笛で絶頂放尿
少女は誰も居ない教室で想いを寄せている男の子の縦笛を使い
イケナイ遊びを始めだしたのだが・・・
第109編 / 題名:妊娠ボテ腹少女のお漏らし
妊娠ボテ腹少女はボテ腹で膀胱が圧迫されているせいか
我慢していたおしっこを漏らしてしまうのだが・・・
第108編 / 題名:不思議なありすのおしっこ
少女は突然不思議な国に迷い込んでしまい、変な生き物(?)に追いかけられたり
身体が小さくなったり・・・しかし少女の一番のピンチは身体が大きくなったときだった
・・・まさかそんな時に尿意を催すなんて・・・
第107編 / 題名:オナニーおもらし
ブルマ姿の少女は誰もいない教室でひとり
大好きな男の子の机の前に立ち秘め事を・・・
第106編 / 題名:惨劇の恐怖失禁
その光景はまさに地獄だった・・・少女は友達を目の前で何人も何人も
何人も・・・・・・少女は目の前で起きている光景を目の当たりにして
恐怖のあまり本人すら気付かないうちに失禁をしてしまっていた・・・
第105編 / 題名:ツンデレ娘のおしっこ
海水浴に来ていた少女は急におしっこがしたくなるものの近くにトイレが無いため
仕方なく少女はある男の子を連れ、人の来ない場所に一緒に行き・・・
第104編 / 題名:マジメな少女のおむつお漏らし
眼鏡をかけていて三つ網のお下げをしているいかにもまじめそうな少女が
おむつを穿いていた・・・それは先生によって、おむつでの排泄を強要・・・
おもらし調教を施されていたからだった・・・
今ではおむつでおしっこをすることにハマリ・・・
第103編 / 題名:変態お漏らしアイドル
少女は自らブルマでお漏らしをしていた・・・誰にも必要とされていないと感じていた
少女は無理矢理連れて来られた所で知らない人達に必要とされていることに
喜びを感じ知らない人達に喜んでもらおうとお漏らしをする
第102編 / 題名:男の娘のおしっこ
女の子にしか見えない男の子のことが気になっていた皆は本当に男の子かどうかを
確かめるため男の子を押さえつけ服を脱がせておち○ちんが付いているかどうか
見ようとする徐々に服を無理矢理剥ぎ取られ、とうとうぱんつにまで手をかけた
ところでその男の子に緊急事態が・・・
第101編 / 題名:スク水でおしっこ
海水浴に来ていた少女は急におしっこがしたくなったのだが大好きなお兄様に
おしっこがしたくなったと言うことが出来ずしかしこのままでは大好きなお兄様の前で
お漏らしをしてしまうそんなピンチに立たされた少女はお兄様に気付かれず
おしっこを済ます、ある妙案を実行することに・・・
第100編上に戻る
第100編 / 題名:ママのおしっこ
女性の裸に興味を持ちだしたボクちゃんは大好きなママの裸が見たいと
お願いをする・・・そして溺愛するボクちゃんのお願いを聞き入れるママ
ボクちゃんの願い通り裸を見せている最中ママが急に尿意を催してきた
そんなママに嫌われることを覚悟でボクちゃんはママにあるお願いをする・・・
第99編 / 題名:ネコミミなおしっこ
メイド服を着たネコミミの少女が突然あろうことか
その場で恥じらいも無くおしっこをしてしまう・・・
少女はいままでおトイレでおしっこをしたことが無いと言う
それもそのはず、その少女は実は元々・・・
第98編 / 題名:催眠おもらし
催眠術はインチキだと否定する少女。しかし、すでに少女には催眠術が
かけられていた・・・それでも催眠術を否定する少女は突然自分の意思とは
関係なくおしっこをお漏らししてしまう・・・それだけでは済まず少女は・・・
第97編 / 題名:いつもと違うおしっこ
いかにも真面目そうな眼鏡の少女が裸であろうことかオムツを
取り替えてもらう赤ちゃんみたいな恥かしい格好でしーしーを・・・
第96編 / 題名:おねしょ
見知らぬ場所で少女は何度もおしっこをしているのに中々尿意が治まらない
・・・しかし何度目かのおしっこでようやく尿意が治まったのだが、それは・・・
第95編 / 題名:ボクのおしっこ観て下さい
女の子の格好をしている男の子はお兄様におしっこを
しているところを観られるのが大好きな変態な男の娘だった・・・
第94編 / 題名:妹のおしっこ
トイレに入ると・・・そこには妹が・・・怒られると思いきや
おしっこを見せてあげると挑発してくるのであった・・・
単にからかっているだけなのかそれとも・・・
第93編 / 題名:おもらし魔女っ子
それは突然の出来事だった・・・魔法少女の正体が先輩にバレてしまった
正体がバレてしまったリスクとは?
第92編 / 題名:お願い止まって!!
なにやら急いでいた少女はおしっこをしたいのを
我慢し電車に乗り込んだのだが・・・
第91編 / 題名:委員長お漏らし
優等生で委員長らしき少女がお漏らしを・・・しかも
自ら見せつける事に・・・それは強要か?あるいは・・・
第90編上に戻る
第90編 / 題名:おしっこしたくなっちゃいましたの・・・
おしっこをしたくなってしまった少女は兄にどうにかするように
頼む(命令)も兄はまったく役に立たず少女は・・・
第89編 / 題名:小悪魔なお漏らし
幼女がお漏らしが大好きなおにぃたまの為に
自らお漏らしをする・・・しかしその行為の真意は・・・
第88編 / 題名:オムツ限界お漏らし
何者かに捕らえられた少女は拘束されトイレに行くことさえ許されず無理矢理
オムツを穿かされオムツに排泄するように強要される・・・そして何日もそのオムツに
排泄していたためオムツは限界を迎え・・・
第87編 / 題名:ブルマお漏らし強要
鉄棒が上手になりたいと思っている妹に兄は鉄棒が上手に
出来る方法を教えてるかわりにブルマでお漏らしを強要する・・・
第86編 / 題名:巫女さんのお漏らし
巫女さん姿の少女が巫女好きの男にしつこく付きまとわれていた
・・・しかも少女があるピンチを迎えている最中に・・
第85編 / 題名:お裸でおしっこ
少女が無防備にも全裸でおしっこを・・・しかもそこはトイレではなく・・・
第84編 / 題名:日課の放尿鑑賞
少女はある日課に疑問を持っていた
・・・本当にみんなも自分と同じ事をしているのだろうか?
この行為はもしかして自分だけなのだろうかと・・・その日課とは御父様に
毎日おしっこをするところを見せる事だった・・・
第83編 / 題名:おしっこ我慢出来ないからお外で
おしっこが我慢出来ずお漏らししていまいそうな少女にお兄ちゃんは
お外でおしっこをしてしまえと言うがおしっこを我慢しつつ、そんな恥かしいことは
出来ないと言う少女そこでお兄ちゃんはある妙案を思いつく・・・
第82編 / 題名:高所恐怖失禁
高い所が苦手な少女は高い所に連れてこられしまい
その時に地震が・・・取り乱してしまった少女は無意識に・・・