<未来に希望を繋ぐには、私達の謙虚さと思慮分別が欠かせないと思われます>

文明の進歩に伴う悩ましい問題の共通要因と思われます私達の"見境ない欲望や保身等を優先した”

身の程知らずの良い処取り
が広まる風潮は、"公私混同した傍迷惑な自己実現"の様に思われます。

かつて私達の先人は自然から"万物が多様な役割の絆で結ばれ調和している"摂理を教わり、
"心豊か
な謙虚さ"で共存しましたが、今私達は溢れる物や情報等への心ない依存を強めて、

"
浅はかな貪欲さ"を競いながら"自然や人の貴重な絆を損っている"現状が大変気掛りです。

貪欲な余りに後始末等を軽視した
"
環境や生態系等の異変を招く過剰消費や乱開発,各種公害,
不当廃棄等や人の信頼を損う倫理上の無知や不正行為,責任逃れ等
"の不心得が続く様では、
塵も積もれば山となり自然や社会の弊害を深めて"
いずれ万物の絆を失う"危さを感じます。
横着な不心得を伴う私達の"本末転倒した傲慢な身勝手"を省みる正念場の様な気がします。

"
後の世代に希望を繋ぐ"私達の重要な役割を考えますと、限りある環境や資源と生態系や

人の営み等を最優先に心を配る"
優位な立場の謙虚さと思慮分別が欠かせない"様に思われます。
まずは生かされている万物の貴重な恩恵への感謝と時空を超える因果応報の報いを充分心得た上で、
出来れば貪欲さを戒めた先人の「
足るを知る」教え等を道標に身の程を弁えて、分別ある人達と

欲任せの身勝手
を慎みながら"万物の絆を未来に繋ぐ共存の道"を陰日向なく歩きたいものです。

弊社はこれ迄"建築は人を表し、人を育てる"を基本理念に、対等な商取引が難しい
注文建築における"
建築主の利益保護を職責と考える"中立な第三者の建築士として、
多くのご支援とご指導の下に次の点を業務の基本と考えて長らく実践して参りました。

 ●
有能な職業人の前に、
分別ある社会人でありたい。

 ●
人も物もその
個性や特性
が生かされてこそ光り輝く。
 ●
建築主と関係者の幸福に貢献してこそプロと言える。
 ●
適正な業務にはそれ相応の人と時間と費用が伴なう。
 ●
建築は設計次第で多くの人々の
人生を左右する。
 
建築主の隠れた意向を理解してこそ設計と言える。
 
過去と将来を考えた利用者に優しい気配りをする。
 
奇をてらわず、日常にふさわしい事を基本にする。
虚飾を排除し、実用的で快適な空間創りを目指す。

  敷地の気候風土や環境に配慮し、その特性を生かす。
 
法律に従い、
安全と健康及び環境の向上に努める。
  年月と共に味が出る管理し易い建物を心がける。
  修繕費用や光熱費等の長期的経費の節減を計る。
 
安全、効率、快適、美観、費用の
バランスをとる。
  要望や提案の長所と共に短所も充分に説明をする。
 
建築主の理解をえる為の時間と手間を惜しまない。
  建築主の立場で適正な品質と価格の実現に励む。
  建設関係者とは中立性を損なう協力関係を持たない。
  建設協力者が最大限の能力を出せる様に心を配る。
  ビジネスを超えた信頼関係が建築を成功に導く。

建築は生活や仕事をする単なる器ではありませんし、建設関係者の欲望追求の対象
でもありません。何よりも
風土や環境と用途や利用者にふさわしい事が重要ですし、
注文で創る以上は
家族や団体のイメージが表現された建築が求められると考えます。
私はこれ迄蓄積してきた
技術と経験に人間性を持って、恰も"便利な道具に使う人の
魂を注ぐ
"様に一件々心を込めて創れる事に感謝して、職人肌の実直な建築士として
皆様のご期待にお応え致します。ご理解とお引立てをお願い申し上げます。

             (有)島建築研究所  一級建築士
 島 正勝 
文頭へ
次頁へ
ボタン
ボタン
目次ボタン→| 表紙 | ご挨拶 | 会社案内 | 業務内容 | 業務実績 | 建主の計画予備知識