総合コース
◆このような事ないですか?

□コミュニケーションが苦手
□静かに座っていることが苦手
□友達がなかなか出来ない
□集団になじめない
□話を最後まで聞けない
□乱暴で癇癪を起しやすい
□自信がなくて不安感がある
□気持ちを上手く伝えられない
□つまずきをひきずってしまう
□勉強は出来るが就職が心配
□思春期に入って反抗が始まった


◆このままにしておくと後が大変

気持ちや意思を上手く伝える事が出来ないと、次第にクラスの中で浮いてしまいます。

感情のコントロールが上手くいかないと家庭や教室内で暴れる事があります。

特定の学習に躓きが出ると、頑張っても学習に成果が出まないので、自尊感情がなくなっていきます。

自信のなさが、不登校の原因になることもあります。

こんな風になる前に適切な支援を開始しましょう


また、このような傾向を持っているお子さんは、一度、適応行動の検査をしましょう。







<お問合せ先>


メールはこちら!


  Tel・Fax(042)734-9059

中学生以上が対象です 

〜集団適応や自己確立・将来のための準備教室です〜


◆大人になっていくために必要なことって・・・何でしょう

「勉強が出来て高校や大学に入れる」というだけではありません。
・自分の気持ちや友達の気持ちを考える事が出来る。
・自分が今何をすればいいのかが分かる。
・間違えたときはごめんなさいが言えて、困った時はヘルプが言える。    

このようなことがとても大切です。そして何よりも、
自分はこれでいいという自己肯定感や自分が好きという自尊感情を持って
大人への階段を上ることがとても大切です。


◆おとなへの階段を上るにはどうしたらいいの?


中学校の頃では・・・
勉強と自分の気持ちの釣り合いを取ることや、自分の良い点を探して自己肯定感を得られるようにするトレーニングを行います。高校受験の面談練習のSSTも大切です。

高校の頃には・・・
将来の準備を始めていく大切な時期です。断ることや、お願いするなどの会話の練習からスケジュール表の作り方、部屋を整理整頓することなど、生活に必要なものを具体的にリハーサルしていきます。



◆学習面に不安がある場合は
ご要望に合わせて、学習のサポートを行います。
国語の読解を中心に、苦手な分野の学習を行います。
要望書に具体的に記入してください。

◆心理面でのサポートが必要な時があります
適切な言い方を学ぶ「アサーション」や、自分の心の状態を知りケアしていく「ストレスマネジメント」などを行います。
ただゆっくりと悩みを聴いてあげることが必要な場合は、「傾聴」を行います。
お子さまの気持ちに沿いながら、自己確立をしていくお手伝いをします。


◆自立支援を行います
Vinland−U適応行動尺度で適応行動のレベルを検査してから、大人になる為のSSTを行います。
目標は「就職するためのスキル」の獲得と「生活のスキル」の獲得です。
個人のレベルに合わせて課題内容を構成していきます。

Vinland−U適応行動尺度は、認知症の早期発見にも使うことが出来る検査です。
0歳から92歳までの評価が行なえます。大人の方の行動面や自立面の評価も出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


学習コース         造形コース        みんなでトライ!