保険施術

 

保険の使える症状

ぶつけた・ひねった・痛めた、など原因がはっきりしていて急性のものが対象です。(少なくても1か月以内の負傷)

捻挫・打撲・挫傷・ぎっくり腰・寝違え・筋肉や腱の痛み・骨や関節の痛み・肉離れ・スポーツ傷害・交通事故による傷害など。

骨折や脱臼の後療も医師の同意があれば可能です。当院から整形外科をご紹介することもできますので、ご相談ください。


施術料金 (保険負担3割の場合)
初回は、初検料と保険施術料で1000円程度
2回目以降は保険施術料400~500円程度

※保険負担割合(1割~3割)や、その時の症状、部位の数、行った処置により異なります。
※処置によっては材料費がかかる場合があります。
※保険施術のみですと、できる事が限られています。手技療法をプラスする場合は自費を追加させていただきます。(複合整体や鍼灸を割引料金で受けられます)

※交通事故・労災の方は自己負担金は0円です。
※前回の施術から1ヶ月以上、間があくと初検料がかかります。(3割負担で450円程度)


物理療法


ハイボルテージ(高電圧電気刺激療法)
最新の治療器で、たくさんのプロスポーツ選手に支持されています。
瞬間的に高電圧の電流を流すことで、皮膚抵抗を最小限に抑え、刺激感の少ない深部到達を可能にしたHi-Voltage電気刺激療法。急なアクシデントによる強い痛みに対して、主に太い神経線維に作用し、 痛みの伝達を遮断する、ゲートコントロールプログラムです。



干渉波
2種類の異なる周波数の電流を組み合わせると、新たに合成された電流が発生します。この電気刺激によって、筋肉の収縮や弛緩を繰り返し、血液やリンパの循環を促します。
神経痛・捻挫・関節炎などの鎮痛作用があります。



マイクロカレント(微弱電流)
微弱電流とは、人間が体の中に持っている電気と同じ位の弱い電流です。刺激はほとんど感じないので、電気治療が苦手な方でも安心して施術を受けられます。
ケガを治す時に体の中で発生させているものと同じものを外から足すことで細胞を活性化させ、回復が早くなるのでスポーツ選手の治療に良く利用されています。



ヒットマッサー
1分間に1800回の連続押圧。 一般のマッサージ機が横揺れの動きに対して、縦の動きをします。 1秒間に30回振動して、手でほぐせない奥の部分まで刺激します。



EMS 
電気刺激による「強い収縮運動」は効率の良い筋力鍛錬を可能にします。



赤外線



ホットパック



固定処置 
固定が必要な場合に行います。他にテーピングを行う事もあります。当院ではスポーツ選手向けの貼り方を行っています。(スポーツ競技の現場で行われている実践的に工夫された貼り方です)